【動物6】 酔っ払いがやってきた! ~僧侶の反応~ とんでもないペットの名前

随分前のお話になるが、私の知り合いが、室内犬としてマルチーズを飼っていた。小さな犬で、その犬の名前は「ブーザー」だった。名付け親であるその女性に、私はこう聞いてみた、ブーザーってどういう意味なのですかと。すると、彼女は少し思いを巡らせながら、私にこう言った、足元がフラつく・・・とか、目が少し回った・・・とか、そんなような意味だと言っていた。言葉を選んでいるようだったので、あまり聞かない方がいいのかな・・・と思い、私はそれ以上聞かなかった。

その後、しばらくしてから、私はふとその事を思い出し、ブーザーという意味を英和辞典で調べてみた。すると、そのスペルは、「Boozer」だとわかった。しかも、その意味だが・・・。これは、大酒飲みとか、飲んだくれとか、いわゆる酔っ払い系の意味があるとわかった。それを知った私は、おかしくて、おかしくて、ほんと笑ってしまった! だって、犬よ。座敷犬! 犬だから、勿論、お酒なんて飲まない。しかも、「ブーザー、こっちにおいで!」なんて言われると、本人は喜んじゃってね、しっぽを振って、そそくさとこっちにやって来る。「ブーザー」の意味を知ったら、本人が気を悪くしやしないかと、気になるところだが・・・。

彼女の家では、茶色い子猫も1匹飼っていた。その子猫の名前は、「ブランディー」だった。毛が茶色っぽい子猫だから、茶色という意味のブラウンからきて、それでそういう名前にしたのかと思いきや、そうではなかった。こちら意味は、ワインを蒸留したお酒のことで、つまり、ブランデーのことだったのだ。名付け親の彼女自身が、やはりお酒が好きなのだ。

別の私の知り合いで、自分家の猫のぬいぐるみに、三味線と名付けたのがいる。名前を知った私は、最初、「えー!」と思った。色んな人がいますよね。

S先生(日蓮宗・ご住職・男性)のお寺では、動物のご供養もされている。S先生は、ある時、動物供養をお願いされたことがあったそうだ。その時に、必要事項を紙に書いていただく。それを受け取ったS先生は、その紙に書かれたペットの名前を見て、思わず噴き出して笑いそうになったことがあったそうだ。まさか申込者を前にして、笑いながらペットのご供養はできませんからねぇー。とにかく必死にこらえて、なんとかその場を乗り切ったようだ。笑いをこらえるのって、結構、きついですよね。

こういったお話をS先生からお聞きした時、普通の人間っぽい感覚もお持ちなんだなぁー・・・と思って、かなり親近感を持ったりもした。S先生は、あれだけの霊力があっても、変な選民思想はない。怪しいカリスマ性も全くない。極々、普通のお尚さんなのだ。そういうところもいいなと、私はそう思っている。

(完)

 

【ご案内】

ダイエット・トレーニングジムのご案内になります。私自身、グレープフルーツゆで卵だけを食べるというダイエットを行ったことがありました。このダイエットは、随分前にブームになりましたよね。でも、これはエドガー・ケイシー療法からいくと、あまり歓迎されない。この場合、食べ合わせ卵白にも問題があるんですね。闇雲に我慢しない、頑張らない・・・どうもこれがダイエットのコツみたいです。一生ものの理想的な身体、手に入れられるといいですね。サイト内リンクになります。詳しくはこちらから>>

 

これまでにご案内したレストランを一挙に公開です! 行きつけのお店が、一番気が楽でいいですよね。でもレパートリーを少し広げておくと、ちょっと気持ちが変わった時とかに便利ですよ。おしゃれなレストランです。扉1はこちらから>>

 

 カテゴリー : 動物 | 投稿日 : 2017年6月26日

【広 告 (Advertisements)】