出版物

【出版物29】 世界から人が集まる座禅寺 ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん6

ひと昔前、プチ出家という言葉が日本でブームになったが、ネルケ無方さんのお寺では、世界各国から座禅を学びに人がやって来る。プチ出家というより、一般人向けのかなり本格的な修行ができそうだ。自給自足で、厳しい農作業等もある為、 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月29日

【出版物28】 山寺 ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん5

ネルケ無方(むほう)さんのお寺は、兵庫県の日本海側の山の上にあるので、とにかく冬は積雪量が多く、厳しい。私はネルケ無方さんが自家用車で、雪の中、ご自分のお子さんを学校へ送っていく動画も拝見した。下界まで山道をグルグルと下 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月28日

【出版物27】 ホームレス本当! ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん4

その後、日本で8年間にも及ぶお寺での修行をされたネルケ無方(むほう)さんは、修行僧の為のお寺ではなく、普通の人が参加できる座禅道場を作りたいと思うようになったそうだ。 そして、こうも思ったそうだ、お釈迦さまは、きらびやか … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月27日

【出版物26】 座禅・気持ち冷めた時 ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん3

ネルケ無方さんは、高校を卒業と同時に日本に行くことを決意されたのだが、そこに「待った!」をかけた人物がいた。その人物とは、学校を辞めてしまった座禅サークルの、あの元顧問の先生だった。 一気に燃え上がった気持ちで、それこそ … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月26日

【出版物25】 クリスチャンが座禅? ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん2

その「キュウリ一本の修行」によると、ネルケ無方(むほう)さんは、7歳の時にお母さまを亡くされたそうだ。「どうせ死ぬなら、なぜ生きなければならないのか・・・。そもそも生きるって、一体何なのか・・・。」などと思い、本当の意味 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月25日

【出版物24】 静かなるパワー ~凛々しい青い目の僧侶~ ネルケ無方さん1

今年(2015年)10月号の大法輪(だいほうりん)という仏教関係の雑誌に、西洋風の顔立ちをされた僧侶さまのお写真と共に、記事が4ページに渡って掲載された。曹洞宗(そうとうしゅう)安泰寺(あんたいじ)のご住職であるネルケ無 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月25日

【出版物23】 一度は行ってみたい明石・淡路! ~時の人、千賀一生さん6~

そういったエネルギーには周期があって、北淡路の方が強い場合と、南淡路の方が強い場合があるらしい。明石・淡路に入るには、どうやらその人に合う周期もあるようだ。少額の有料になるが、千賀さんに問い合わせると、その人に合う日を割 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月14日

【出版物22】 一度は行ってみたい明石・淡路! ~時の人、千賀一生さん5~

私たち家族を乗せた「たこフェリー」は、明石港から岩屋港(淡路島)へ向かって出発した。「ザブーン、ザブーン・・・」と打ち返す波の音がした。よく見ると、青色ではなく、緑色の海だった。フェリーがモクモクと吐く黒い煙が苦しくて、 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月14日

【出版物21】 一度は行ってみたい明石・淡路! ~時の人、千賀一生さん4~

「ガイアの法則Ⅰ・Ⅱ」が同時発売されたのは、2002年2月2日だったのだが、私がその出版を知ったのは、もっと後になってからだった。しかし、その出版を知った時、「出たぁーーー! やっぱりそうだったかぁ~~~!」と思った。「 … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月14日

【出版物20】 一度は行ってみたい明石・淡路! ~時の人、千賀一生さん3~

千賀一生(ちがかずき)さんは13歳の時に、そういった北枕のことがあったのだが、私はその「13才」という年齢に、ふと、1つの転機を感じた。「13」という数字は、占星学上では、海王星を表すのだ。海王星は、霊的な力を秘めた星な … 続きを読む

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月13日