霊的世界

【霊的世界55】 手足が追いつかないほど背中から吹き飛ぶ ~僧侶の体験~ チャクラ感覚

先々月(2017年3月)の18日の晩、私は、何か用があって、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)のお寺にお電話を差し上げた。S先生に直接教えていただきたい事があったのだが、それが何だったのか、今となってはちょっと思い出せない。 … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年5月4日

【霊的世界54】 僧侶に霊が降りる時 ~懺悔の門~ 特別な日のクルーズ、映画のように

あのような霊的な現象について、更なるS先生の心情を知ることができた・・・と、前回お話した。今回はその続きからである。 唱題プラクティスの中で見せるS先生の様々なお姿(【霊的世界53】)について、「こんな感じにまとめてみた … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年3月26日

【霊的世界53】 霊は目の前の僧侶に気づけるのか ~僧侶の声~ 自己啓発などの本買取  

前回、唱え方のところで「S先生(日蓮宗、ご住職、男性)は、意識や心を超えた世界から受信しているかのようなお声なのだ。」と書いた。ちょっとわかりづらかったかもしれないが、これは、「私」といういち個人を超えた世界とか、計り知 … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年3月23日

【霊的世界52】 僧侶うずくまる ~遂に始まった死者の声~ 天空に上った「龍」収拾つかず

「このお寺は、一体何をやってるんだ!」と、思う余裕も暇もなかった。ある時、お寺の本堂内で行われた唱題プラクティスの最中に、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)のご容態が徐々に変わっていった。S先生はご宝前でうずくまってしまった … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年3月10日

【霊的世界51】 死を越えて永遠に生きる ~遠い記憶の中で残ったもの~ 僧侶も驚いた

私たち家族がS先生(日蓮宗・ご住職・男性)に初めてお会いすることになった時、初めてお会いするその初詣よりも前に、せめて私たち家族の写真をS先生にお送りしておこうと、私はなぜか急に思い付いた。その時に送った写真は、兵庫県明 … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年1月31日

【霊的世界50】 本堂で初めてのお経 ~手が極限に伸びる~ 心寄せる霊がすぐそこにいた

私たち家族が、その初詣で初めてS先生(日蓮宗・ご住職・男性)にお会いした時に、私は最後に、こんな事をS先生にお聞きしてみた、「僧侶としての修行に、例えば、瞑想だとか、お経を読むとか、あるいは滝行とか、色々あると思うのです … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年1月16日

【霊的世界49】 がんと向き合う 伝えたいこと嵐のようにやってくる ~謎のゴースト~

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ「星がささやいて」をよろしくお願い致します。 今回のお話は、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)、シャンタンさん(バグワン・シュリ・ラジニーシ氏のお弟子さん)、千賀一生さん(「ガ … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年1月2日

【霊的世界48】 葬儀で笑いに耐える ~霊的な吐血~ トランス状態「僧侶」無事に戻る

「霊界の宣伝マン」と言われていた俳優の丹波哲郎さん(1922年7月17日ー2006年9月24日)が、享年84歳で亡くなられた時、朝のあるテレビ番組で、丹波さんの訃報と共に、その時の様子が伝えられた。 丹波さんは亡くなられ … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2016年12月20日

【霊的世界47】 難病をどうするか ~霊のせいでつんのめた~ 派手なことをする霊もいる

S先生(日蓮宗・ご住職・男性)は、非常に永い間、難病を患っていたのだそうだ。色んな病院を次々と渡り歩き、それでもなかなか病名がわからなかったのだという。最初、S先生が「難病・・・」とおっしゃったので、私は文字通りに解釈し … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2016年12月14日

【霊的世界46】 僧侶と出会う方法 ~変わらない優しさ~ インドの聖者とS先生

私たち家族がS先生(日蓮宗・ご住職・男性)に初めてお会いしたのは、2012年1月3日だった。くしくもこの日は、エドガー・ケイシーさんの命日である。S先生との出会いのきっかけは、私の知り合いに、HA医学博士がおられて、HA … 続きを読む

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2016年12月9日