【夢解釈45】 どこの女の子、どんなお嬢さん? ~可愛らしい17歳の女子高生~ ソウルメイトのつながり

一昨日(2018年3月15日)の晩から翌日の朝にかけて、私は小室佳代さん親子の夢を見た。

小室佳代さん親子と17歳の女の子が、アパートに引っ越してきた。アパートの玄関扉を開けると、すぐにキッチンがあり、そのスペースはわずか3畳程度。随分狭いなぁー・・・と私はそう思った。そしてすぐ目の前に、6畳の和室が1部屋あるだけだった。

よく見ると、そのお部屋の奥に3枚の襖があった。それを開けたら、なんと和室が更に2部屋続いていた。いわゆる通り部屋だ。

でも、私は、お隣の人とは、この3枚の襖が仕切りになっているんだと思った。でもこれじゃ、しゃべり声は筒抜けになってしまい、ちょっと生活しづらいよねぇー・・・と、私はそうも思った。

すると、17歳のその女の子が、その通り部屋の和室を抜けて、その奥にあったキッチンへと入っていった。そして、そのキッチンに置いてあった、大型の真っ白い冷蔵庫の一番上の扉を開けた。そこに入っていた箱から、アイスキャンディーを1本だけ取り出した。勝手に取り出して、それを食べはじめたのだ。桃に木苺を混ぜたような、ピンク系の棒つきアイスキャンディーだった。

そしてその女の子はこう言った「工場で働いていると、こういうのが食べれるんだよねぇー・・・」と。その時、私はこう思った、「人の家のものを勝手に出して食べたらダメじゃん!」と。

彼女は食べながら、その通り部屋の和室を抜けて、また自分たちのお部屋の方へと戻って行った。

そこへ、その冷蔵庫の右手後ろにあった玄関扉から、そこのアパートの住人が帰って来た。3枚の襖を隔てた向こうに住んでいるお隣さんのことである。

荷物も何もなかったので、最初、その領域は佳代さんたちの領域かと思ったのだが、でも状況からして、それは違うぞ・・・と私はすぐにわかった。3枚の襖からこっちが佳代さんたちの領域で、そこから向こうは他人の領域だということを、小室佳代さんたちは、理解している様子はなかった。

夢はこれでおしまい。

夢の中の佳代さん親子は、テレビや雑誌などで見る感じと、殆ど変わらなかった。問題は、17歳のその女の子は誰なのか・・・だ。色白で、ストレートの髪をしており、一部の髪を後ろで束ねていた。今風の可愛らしい女子高生だ。彼女の意識や感じが、小室さん親子に近いことから、恐らく佳代さんのお嬢さんだと思われる。

一連の報道によると、圭さんは一人っ子のようだ。ただ現世とは限らず、どこかで生き別れたり、何らかのつながりがある女の子なのかもしれないなぁー・・・と、私は何となくそう思った。

人は、生まれ変わり死に変わりを、ずっと繰り返していると言われている。ソウルメイトほど不思議なものはない。

(完)

 

【ご案内】

ミヨシ石鹸のご案内になります。最近、このメーカーの「無添加  お肌のための洗濯用  液体せっけん 5L」を買いました。よく落ちるし、ちょっと大目に洗剤を入れても大丈夫です。

合成洗剤の方が確かに安いし、いい香りもしますよね。「よくゆすげば大丈夫!」と思うかもしれませんが、でも、洗濯物に目に見えない洗剤は残るみたいです。それと香りも要注意! 毒は鼻からも入るんですよねぇー。お肌がチリチリ、ピリピリ、なんかかゆい・・・とか、アレルギー性鼻炎、花粉症の症状が出ている人も要注意です。

ミヨシの液体石けん5Lは、1本1,736円(税込み)でした。近所のホームセンターだと、1,000MLの袋詰め(詰め替え用)しか売っておらず、これだと、結構、割高で、すぐに使い切ってしまう。インターネットで久しぶりに探してみたところ、なんといつの間にか売っていました(以前は売っていなかったんですよねぇー・・・)。

このお品は詰め替え用なので、本体のメジャーキャップは付いてきませんが、注ぎ口が別に付いてきます。でも、私は本体に詰め替えず、そのまま使っています。使い終わったら、毎回キャップに付け替えて、空気をしっかり遮断しています。

このシリーズで、粉末石鹸も売っていて、そっちの方が、断然、割安なんですね。ところが、何をどうやっても、洗い終わった洗濯物に洗剤のかすが残ってしまう。クチコミレビューで、私と同じようなことを言っている人がいました(思うことはみんな一緒ね!)。

楽天のミヨシ石鹸を見てみたい!」という方はこちら。

 

 カテゴリー : 夢解釈 | 投稿日 : 2018年3月17日