【夢解釈12】 さよなら ~身体が重い!~ ひどい硬直 氷のように2

その夢は、本当になんとも言えない奇妙なものだった。朝、目覚めると、私は直ぐに家族にその夢の話をした。川を渡ったこと、しかもお尚さんとだ。その川は、そう「三途の川」と解釈できる。その三途の川は、冥途にあると言われているあの川のことだ。冥途とは、死者が行くとされる世界のことである。しかも、私はお尚さんに付き添われて、その川を渡ってしまったのだ。

「左」は地図でいうと、西を表す。西は太陽が沈む方角だ。夢の中で、川は右から「左へ」と流れていた。そして森へと進んだその道は「左の道」だったことから、太陽が沈む西が頭をよぎった。陽が沈むとは、1日の終わりを表す。終わりとは、死や闇夜を表す。しかも、夢の中で私の身体は異常なまでに硬直していたことなどから、「これはきっと誰かが亡くなるぞ!」と思った。「誰だろう・・・」と思って、しばらく意識を集中したら、ふと分かった、「もしかしたら、あの人じゃないか・・・」と。「まさか・・・」と思った。「倒れたのはいつだったっけ?」と思い、「そもそもなんで私の夢に出てくるんだろうか・・・。」とも思った。

あの人とは、2年前(2013年)の5月の終わり頃に、脳内出血で、突然、職場で倒れた私の元職場の上司のことだ。直上の上司ではないが、顔見知りだった。その後、転勤になり、時は流れ、そしていつしか年賀状だけの繋がりになっていた。最後にはもうその繋がりさえ途切れていた。その元上司が職場で倒れてから、私がその夢を見るまで、およそ10カ月が経っていた。その上司が倒れた時に、友人からその連絡が入って初めて知ったのだが、集中治療室での対応になっていたので、とても面会できる状態ではなかった。それ以降、連絡はなかったので、気にかけてはいたが、それっきりになっていた。

しかし、案の定だった。私がその夢を見たわずか1日か2日後に、その上司は完全復帰を果たすことなく、そのまま亡くなったのだ。訃報のその知らせを受けた時、私は本当に愕然とした、「こんなことって、あるんだぁ~・・・」と。私は、ただただ驚くばかりだった。死後の幸福を祈った。

(完)

 

コーヒー焙煎の全国大会2012出場!
チャンピオンのお店はこちらから>>
珈琲きゃろっと

「珈琲きゃろっと」のご案内になります。お店に問い合わせたところ、下の写真は、同店の焙煎士である内倉大輔さんご本人だそうです。全国大会で優勝された瞬間のご様子。活力と爽やかさもあって、なんか素敵ですよね! 世界に1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機でコーヒー豆を焙煎しているという。意識の目覚めは美味しい一杯から。実店舗は北海道恵庭市。


 カテゴリー : 夢解釈 | 投稿日 : 2015年11月12日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。