【夢解釈36】 お金、金、ゴールドラッシュ ~僧侶からのお電話~ 夢の意味すぐに現実に 

一昨日から昨日(2017年6月20日)にかけて、私はこんな夢を見た。私が自分のお財布から500円玉を1枚取り出して、人に手渡した夢だった。その硬貨は金色だった。その経緯やその後のこともあったのだが、なぜか私は全く思い出せないでいた。

しかも・・・だ。その夢を思い出したのは、目覚めの時ではなく、その日の夜になってからだった。本当に忽然と思い出した。こういう事は非常に珍しい。こんな事もあるんだぁー・・・と、そうも思った。

その夢の前後がわからないなら、わからないで、それはそれとして意味がある・・・。そういう事なのかもしれないなぁー・・・と思い、後で夢辞典で調べようと思った。

その後、同じ日の夜、つまり昨晩のお話だが、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)へお電話を差し上げた。どうしても教えていただきたいことがあったからだ。でも、お留守だった。メッセージを残し、受話器を置いた。今日は無理かな・・・と思った。

すると10分か15分ぐらいしてから、自宅の電話機がプルプルと鳴りだした。S先生からだった。「よ~し、来たぞぉー!」と思った。

そのお電話で、お話があっちにフラフラ、こっちにフラフラと流れ、引きずるわ、巻き返すわで、私は振り落とされるか、切り離されるかの大混乱になった。必死にしがみついたと思ったら、しっぽをつかむチャンスもない。

S先生は決してね、難しい仏教用語を並べてお話しになるわけではない。霊的なことを含むお話なので、私が理解できないのだ、ちっとも。そう、ちっとも・・・。なので、私は必死でノートをとった。あっちこっちに書き込んだから、かなりぐちゃぐちゃになってしまった。

そのお電話の後で、私は、ふと、冒頭のその夢のことを思い出し、夢辞典などを使って調べてみた。すると、お金を人に恵むとは、誰かの協力や、大きな愛、あるいは大きなお金を得られる吉兆を暗示している・・・ということがわかった。夢で見た500円玉は金色だったが、この色は、力、知性、尊敬、愛、聖なる光という意味がある・・・ということもわかった。「あ、だから、今日は(お電話で)S先生から色んなことを教えていただけたのかぁー・・・」と思い、私は妙に納得した。

この後、私は、ふと、こんな事にも気づいた・・・、500円玉の500という数字を1つずつ足してくと、5+0+0=5になると。古代の数霊術に照らし合わせてみると、この5という数字に対応する星は、金星である・・・ということにも気づいた。ここでもまたが出てきた。

そして、金星に対応しているのが、アナーハタ・チャクラである。第4チャクラである。ハートのチャクラとも言われていて、胸のところにあるとされるチャクラのこと。頭で考えるのではなく、心で感じなさい、そうすればわかりますよ・・・ということなのかもしれない。

前回の夢でも、やはり金(ゴールド)が出てきた。あの奇妙な男性が持っていたのは、金色の鍵だった。正にゴールドラッシュが続いている。

(完)

 

【ご案内】

プレミアガーデンのご案内になります。お花屋さんです。本社は東京。大阪と福岡に支店を1つずつ持っています。一部の地域を除きますが、自社配送なので、最短で即日可能です。いざ急にお花が必要になった時、知っていると、結構便利ですよ。ホームページもきれいで、なかなかしっかりした感じです。

お問い合わせはこちらから>>
【業界トップクラス】独自ルートで中間コストをカット!
安いだけではありません。常に《1ランク上のお花》を
ご提供します|東京当日配送可能

全国のお店から自然派・無添加ケーキやタルトなどを集めてみました。サイト内リンクになります。扉6はこちらから>>

 

 カテゴリー : 夢解釈 | 投稿日 : 2017年6月21日

【広 告 (Advertisements)】