【飲食物11】 焼きりんご ~お寺の茶話会で出されたデザート2~

前回の続きになるが・・・。粗熱がとれたばかりのできたての焼きりんごは、信じられないほどおいしくない。しかし、冷蔵庫で一晩置くと、見事な味になる。このことで、私は、最初、結構驚いた。しかも、デザートなのに、お砂糖を一切使っていない。この点でも、特に女性にうけた。ただ、お水だけで作っているので、味が落ちるのが早い。一晩冷蔵庫に置いて完成したその日から、1~2日以内で食べ切ってしまった方がいいと思う。

今回の材料として使ったレーズンだが・・・。輸入物のレーズンなどの乾物は、農薬、特に殺虫剤が随分使われていると言われているので、有機栽培をおススメする。スーパーだと小売りで高いので、我が家では、楽天市場でまとめ買いをしている。どこのお店がいいか、最初、色々と随分探したが、「こだわり食材572310.com」という名古屋のお店(ウェブショップ)、なかなかいい。もう何年もこのお店にお世話になっている。

我が家には圧力鍋がない。活力鍋とは、圧力鍋のいちランク上のお鍋のことである。友人にその焼きりんごのレシピを教えたが、彼女は普通の圧力鍋で作ったようだ。上手くいったと言っていたので、圧力鍋でも充分美味しく作れると思う。私のそのお友達が別のお友達に、その焼きりんごのレシピを教えたそうだ。そしたら、思わぬ味覚に感激したらしく、「もう別のお友達に教えたのぉーーーー」と言ったそうだ。どうやら私が考えたそのレシピは、グルグルと日本中を回っているようだ。うれしい限りである。

(完)

 

【ご案内】

全国のお店から自然派・無添加ケーキやタルトなどを集めてみました。サイト内リンクになります。扉6はこちらから>>

 

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2016年1月31日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。