【飲食物15】 突然倒れた! スイッチ切られる! ~りんごダイエット2~

前回、りんごを食べる時はゆっくり食べた方がいい・・・というお話をしたが、そのことで私は大失敗をしたことがある。ある回のりんごダイエットの時、私はとてもお腹が空いていたので、りんごを次々とパクパク食べてしまったことがあった。信じられないと思うが、私は、その途中で、目が回って倒れてしまったのだ。

厳密に言うと、覚醒の時のエネルギースイッチを、いきなり「パチン!」と切られたかのようだった。突然まぶたが重くなり、全身が、それこそ地底へと引きずり込まれていくかのようになってしまい、横にならずにはいられないほどだった。意識はちゃんとそこにあるのだが、でも身体がちっとも言うことをきかない。気分が悪くなったわけではないが、もっと簡単に言うと、食べているその最中で寝てしまったのだ。「幼児ならともかく、大の大人にこんなことが起こるんだぁ~・・・」と、後になってそうも思った。

そこからよみがえったのは、30分か、40分ぐらい経ってからのことだった。後にも先にも、こういうことは一度きりである。初めてのことだったので、「今のは、一体なんだったの?」と思った。生のりんごは、消化器系をリセットする力が強いと言われているが・・・、でも、恐らくそれは消化器系だけに限ったことではなく、身体は全てつながっているから、それでそうなってしまったのかもしれないなぁ~・・・と、ふと、その時そうも思った。

1回に食べるりんごの数は、別に3個じゃなくてもいい。4個でも5個でもいいのだ。ただ、私が手に入れたりんごは、大振りだったので、私は3個で充分だった。そして、りんごを食べる時の前後で、お湯を飲むことにより、身体が温まるのと同時に、満腹感も得られる。あまり食べ過ぎると飽きてしまい、それじゃ、りんごダイエットの最終日には、りんごが嫌いになってしまう恐れがある。程ほどの満腹感で、適度な空腹感をお湯でつないでいくと、案外上手くいくように思う。

そういった3日間のりんごダイエットで、体重が最高で1.9キロ落ちたことがある。しかし、たった100gしか体重が減らなかったこともある。それどころか、逆に200gも体重が増えてしまったこともある。そのダイエット中は、無理な運動は一切せず、好きなことをして過越すようにした。私はユーチューブの動画などを見て、ゆっくり過越すことが多かった。

 

【ご案内】

100%オーガニック茶「白井田七。茶」のご案内になります。「白井田七。茶」は、和漢の王様と言われている田七人参2%と、有機緑茶粉末98%だけで構成された緑茶です。カテキンが免疫バランスを整え、過剰に反応した体質がっちりサポートしてくれます。生活習慣でコレステロール値血糖値体重が気になる方にも、おススメです。TV・ラジオ・新聞で注目されており、完全無農薬・有機栽培! 「美味しんぼ101巻」でも紹介されました。 あなたも一度、お試しになってみませんか? 詳しくはこちらから>>

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2016年2月4日

【広 告 (Advertisements)】