【飲食物4】 出たとこ勝負 ~喜び抱きしめて~ 自信持って送れるギフト4

私はその石窯パンコーナーで、ガーリック系のパンを除いて、幾つものパンを買った。これを買うなら、あれも、あれも買うなら、これも・・・という具合だ。中央のテーブルにズラリと並んだ石窯パンと、既に手に持ったトレーの上のパンに、目が行ったり来たりした。

私は基本的に嫌いなものは何もない。何でも食べる。但し、小さい時から食べてないものは無理だと思う。例えば? 例えば・・・最近知った「わらすぼ」だ。砂と泥がぐちゃぐちゃに混じったようなところにトンネルを作って住み、顔つきはハリウッド映画の「エイリアン」にとてもよく似ているお魚だ。水揚げされて、真っ白いお皿の上に、5~6匹が真っ直ぐに、きれいに並べられていて、口をパクパクさせていたその姿を、ある動画で見た時、私は、本当に震え上がってしまった。

そして、そのお店(石窯パン工房 サンメリー東浦和店)で、ガーリック系のパンを外したのは、翌日にその臭いが口の中にこもるからだ。でも、本当は心配いらない。ガーリック系のお食事を摂った後、まず牛乳をコップ1杯飲み、そしてその翌日に、朝食の前に野菜ジュースをコップ1杯飲む。野菜ジュースを飲んだら、朝食は最低30分ぐらいは待つ方がいい。たったこれだけで、本当に口の中にこもったニンニクの臭いが消えてしまうのだ。食べ合わせ、飲み合わせの力は大きい。

食べ比べもできるように、ガスオーブンで焼いたパンも5~6種類ほど買った。気持ちはもうホクホクだった。そのお店を出て、歩いてJR東浦和駅に向かう途中の、左手にあったコンビ二の公衆電話から、S先生(日蓮宗・ご住職)に電話をかけてみた。お尚さんと一緒にその石窯パンを食べたかったのだ。前日にメールでお知らせしておいたが、お互いの都合で、具体的な時間を決めることができないでいた。行き当たりばったりの出たとこ勝負だった。その日、S先生のお寺には、朝から相談者がみえていて、いつ終わるのかも分からない。なので、私(乃風)に対応できるかどうかは分からない・・・という状況に今ある・・・ということがその電話で分かった。そういうことなら、パンだけをお届けする・・・ということで話がついた。S先生にしてみたら、せっかくお寺においでになるのに、それじゃ申し訳ない・・・というお気持ちのようだった。

 

【ご案内】

全国のお店から自然派・無添加ケーキやタルトなどを集めてみました。サイト内リンクになります。扉7はこちらから>>

 

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2015年10月23日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。