【飲食物5】 お寺でからまれて ~喜び抱きしめて~ 自信持って送れるギフト5

私はその石窯パンをお寺のS先生(日蓮宗・ご住職)にお届けに上がった。その時、相談者はまだS先生のお寺におられた。

S先生のお寺に着くと、私は玄関先で、呼び鈴を「ピン・・・、ポーーーン!」と、ゆっくりと押した。すると直ぐに廊下の奥の方から「はぁーーーーーい!」という声がした。「あ、S先生だ!」と思った。私は「海王丸ですぅぅぅぅぅぅ。」と、春のように答えた。S先生が玄関の扉を開けてくださったので、「こんにちは。来ちゃいましたぁーーーー!」とかなんとか言った覚えがある。いつもの私のせりふだからだ。S先生はニコニコされていた。私はそそくさと玄関に入ると、かすぅぅぅぅかに、お香混じりのお寺特有の匂いに気づいた。「あ、そうそう、お寺の匂いって、こういう匂いなんだよねぇ~・・・」と思い、わずかな安らぎを感じはじめた。

こっちのパンが石窯パンで、こっちは普通のガスオーブンで焼いたパンなんだと説明しながら、時折、S先生と私の2人で、その袋の中を交互に覗いた。すると、S先生は「あら、こんなに?!」とおっしゃった。なんだかちょっとうれしそうだった。数分、何気ない話をした後、私は玄関の外に出た。その時に、私は「じゃ、S先生、また来ますねぇ~・・・。」と言って、頭をゆっくりと左に傾けた。これが大きな失敗だった。目が回った!

既に、S先生は廊下の奥へ行かれていた。私の髪はワンレングスのロングヘアーなので、頭を左に傾けた次の瞬間、玄関ドアの内側にある回転式施錠のところに、なんと、私の髪が5~6本、1度に絡まってしまったのだ。本当に一瞬のことだった。私は傾いたまま、全く動けなくなってしまったのだ。「どうしようぉ~~~~!」と思った。私が1人でもがいていたことで、異変を感じ取ったS先生が、再び廊下の奥から出て来られて、S先生が私の髪をその施錠から引き離してくれた。私は「助かったぁ~~~~~~」と思った。傍から見たら、「まだ帰りたくなぁ~~~~い!」と言って、ドアにしがみついているように見えたかもしれない。

S先生は、職業柄上、お人柄上、絶対に人の不幸を笑わない。でも、さすがに今回のことは耐えられなかったご様子だ。S先生は、笑いたいのを必死にこらえているご様子だった。S先生の両肩が微かに揺れていたのだ。それに気づいた私も、顔をそむけてクスクスと笑ってしまった。

この日、S先生にお会いできたのはわずかな時間だった。それでも私はとても心が満たされた。心が繋がっていれば、必ずまた会える。人と人は、そういうものなんだと思う。心は今もこうして温かい。うれしい限りである。

 

株式会社一休の人気レストランのご案内

株式会社一休の人気レストランのご案内になります。下の写真は、MOTIF RESTAURANT & BAR フォーシーズンズホテル丸の内 東京(パシフィックセンチュリープレイス丸の内7F)。背後で電車が行ったり来たり。不思議な空間ですよね!

全国の人気レストラン一覧はこちらから>>
一休のレストラン人気ランキング

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2015年10月24日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。