【飲食物6】 石窯パン工房 ぱんごーの ~喜び抱きしめて~ 自信持って送れるギフト6

S先生(日蓮宗・ご住職)に、「石窯パン工房 サンメリー東浦和店」で買ったパンをお届けに上がった後、その翌日にS先生から私に連絡が入った。S先生も私も石窯パンを今回初めて試食したが、双方にとって本当にうけた。

パンの外側は「カリッ!」としているので、結構、しっかり噛める。キャラメルなどのような粘着性はないので、歯の詰め物が持っていかれることはないが、差し歯とあごの弱い人は、コーヒーか紅茶などの飲み物に、少々浸してから食べるといいかもしれない。時間が経つと、その「カリッ!」とした感じが多少しんなりしてくるが、内側のもっちり感は、買った翌日でもそのまま残る。皮のしんなり感と内側のもっちり感が合うので、これはこれでまた違った食感を楽しめる。口コミ通りで、本当に美味しかったので、私はとても感激したし、また食べたいとも思った。

それからおよそ1ヶ月が経った頃、2014年のゴールデンウィーク明けに、石窯パンが宅急便で我が家に届いた。時は5月10日土曜日のよく晴れた日のことだった。買った翌日でもあれだけ美味しく食べれたのだから、地方からのお取り寄せでも、充分いけるんじゃないかと思ったのだ。インターネットで、石窯パンを焼いているお店で、発送もしてくれるお店はないかと探した。津々浦々、色んなホームページを見たが、見た瞬間に「あ、ここだ!」と思った。岡山県倉敷市にあるカンパーニュの専門店で、「石窯パン工房 ぱんごーの」という名前のお店だ。ここのお店から、その日に宅急便でパンが届いたのだ。カンパーニュとはフランス語で、その意味は田舎風のフランスパンのことである。大きくて丸い形に焼いた素朴感あふれるパンのことだ。

そこの工房は、自家農園の季節の果物で作った天然酵母を使い、余計な添加物を一切使っていないのだという。安心・安全がうれしかった。もっとすごいことに、そこの工房長が、自らの手で石窯を造り上げたのだそうだ。その石窯を画像で見た時、思わず「オォ~~~~~~~~ッ!」と思った。適度な大きさに切って乾かした木に火をつけて、それを石窯に入れてパンを焼くのだという。そこはレストランも併設されており、そのパンに合うランチも提供しているそうだ。時折、パン教室もそこで開いている。

「石窯パン工房 ぱんごーの」で実際にランチを食べた人が、ご自分のブログで画像と共に紹介している人のブログも見たが、そのURLから伝わってくる開放的な景色や、自由気ままな感覚もすごくよかった。なので迷わず注文した。大量生産していないお店なので、注文を受けてから、パンをこね、発酵させ、ガス抜きをし、成形して、そしてまた発酵するのだ。パンは焼くまでの工程がとても長い。そして、パン屋さんは朝が早い。焼き上がったパンをその日のうちに発送してくれたので、その翌日には我が家に届いたのだ。玄関先で受け取ったその箱の外側に、黒い丸い文字が印刷されあった。すごくカワイイと思った。思わず抱きしめてしまった。

 

株式会社ブックスドリーム:意外な本の買い取り!
お問い合わせはこちらから>>
「専門書アカデミー」

株式会社ブックスドリームの専門書アカデミーのご案内になります。自己啓発の本や、哲学、宗教、心理学、あるいは大学の教科書や専門書など、ご自宅で眠っていませんか? ブックオフをはじめとする一般的な古本屋さんでは、なかなか買い取りをしてくれないことが多い資格・就職予備校、医療系予備校などのテキストやCD・DVD教材、語学教材なども買い取っているそうです。現在では、10冊以上で全国送料無料になったそうです。下の動画は買い取りのご案内です。値がつくうちに売って、心機一転できたらいいですよね!

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2015年10月25日

【広 告 (Advertisements)】