【飲食物28】 和にマッチする僧侶 本当は何が好き? ~おやつをやめる方法~ 酸っぱいパン

エドガー・ケイシーさんがおススメするニレ茶(樹皮)の記事を、昨日1本書いてここで一般公開した。その際に、すごく大事なことを書くのを忘れていた。ニレ茶(樹皮)を飲み始めて、もうすぐ7ヶ月になる。効果を最大限に得られればいいなぁーと思って、ニレ茶(樹皮)を飲み始めてからは、一切おやつを食べるのをやめてしまった。これは今でも続いている・・・ということ。

これまでたまにスイーツを食べることはあっても、私の人生の中でこんなにも長い間、スイーツを食べてない・・・なんてことは、これまでに一度もなかった(乳児期は除く)。これは、私にとってはすごいことなんです! ニレ茶(樹皮)を飲むのだから、とりあえずスイーツ無しでいってみようかー・・・という軽い気持ちで始めただけ。でも、まさかここまで続くとは思ってもいなかった。

「食べたい!」というその域を、どう脱したのか・・・だが、答えは簡単。普通のおやつを乾物に切り替えただけ。乾物とは、干したデーツ(なつめやしのこと)とか、黒いちじく、レーズンのことである。全てオーガニックを選んでいる。特に、初めてデーツを食べた時、すごい美味しいと思った。西洋の干し柿みたいな感じ。ドライフルーツには、相当殺虫剤が使われていると聞いたことがある。なので食べるなら、とにかくオーガニックをおススメ!

でも気をつけた方がいいのが、これ! 私がいつも入手しているデーツは、中の種をくり抜いたもの。消毒したキッチンバサミでデーツを切り開いてみると、体長1ミリ位の虫じゃないかと思う茶色い死骸が、たまにたくさんくっついていることがある。明るいところでよ~く見ると、果肉の中にも入り込んでいるのが見える時もある。だからそういうのを見つけた時は、私は丸ごと1個捨ててしまう。デーツと黒いちじくは、エドガー・ケイシーさんがおススメしていたあのマミーフードの材料。それを作る時に、偶然見つけた。

都内の大手デパ地下などをさんざ探し回ったことがあったが、デーツは見当たらなかった。そもそもオーガニック商品となると、小売りが多く、それなりのお値段になる。インターネット検索に切り替えて、色んなお店を見た。その中で下記のお店がなかなかいい感じがした。私は1袋1㎏単位で買っているので、かなり割安になる。もうずっとこのお店で乾物やパンの材料などを買っている。

随分前のお話になるが、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)はチョコレートがお好きなので、同店で買ったチョコチップ入りのパンを作って、お寺にお届けしたことがあった。「ちょうどパンが食べたいと思っていた・・・」とおっしゃり、S先生はとてもご満悦だった。1斤にチョコチップは100gも「ドサッ!」と入るので、その辺のスーパーで売ってるチョコチップだと小袋入りで、結構割高になる。なので、チョコチップも大袋で買っている。

私がS先生のお寺に遊びに行くでしょう? するとS先生はいつも日本茶を入れてくれる。S先生はスーッと手が伸びで、静かにおしとやかにポットのポンプを押す。お湯を入れ終わった急須をゆっくりと静かにお盆の上に置いて、しばらく中の茶葉が蒸すのを待つ。S先生のお湯の差し方、お茶の入れ方、運び方、歩き方、そしてお茶の差し出し方も、ほんとーーーうに見事よ。S先生のそういった所作を傍で見ているだけで、たったそれだけで私はとても癒される。またそういうお方さまがいれるお茶だからこそ、不思議なほどに美味しい!

以前に別のところで、お茶が大好きな人の緑茶を入れていただいたことがあった。その時私はこう思った、「日本茶がこんなにも美味しいものだったとは知らなかったぁーーー!」って。その時、言葉を失うほど感動した。どの畑のどの銘柄かはわからないが、静岡茶である。そういうお茶を一度飲むと、口に含んだ瞬間におよそのことがわかるようになる、これは一級茶か、それともそれ以外か・・・っていうことを。日本茶が大好きなその人は、その辺のスーパーやデパートではなく、静岡からわざわざ取り寄せているという。たくさんある中から、「これがいい!」と選び出せるなんて、すごいなぁーって、そうも思った。あ、もしかしたら、選手権なんかでチャンピオンになったお茶なのかもしれませんね。

美味しさは異なるが、それでもS先生が入れて下さるお茶は、なんていうかこう・・・、角が取れて丸みを帯びた味・・・という感じなのだ。本当に見事よ!

S先生は日本茶がとてもお似合いで、それでいていつも日本茶を召し上がっておられる。S先生の生け花も書道も、そして日本料理も師範レベルの腕前なのだ。S先生のお正月料理もほんと素晴らしい(ご馳走になったことがあるが、味に丸みがあって、癒し系の食べ物って感じ)! 檀家さんや信者さんたちが作るのではなく、S先生自らがお正月料理をお作りになるのだ。全てが和にとてもマッチしているイメージがあったため、S先生がチョコレートやコーヒーがお好きだとわかった時は、私は後ろにのけぞり返って、そのまま沈み込んでしまったことがある。そりゃ、驚くよぉー! テイストは人それぞれですよね。

私のお友達でね、パンを上手に作れる女性がいる。その当時、私はまだパンを作ったことがなかったので、彼女が作ったパンを初めて見た時、とても感動した。カワイイし、売ってるパンそのものだったからだ。お食事に招待されてその彼女の家に遊びに行き、彼女が作ったパンを初めて食べた時、私は「ん?」と思った。微かに酸っぱかったのだ。ところが周囲のみんなは普通に食べていた。だから私はその時こう思った、「家庭で作るパンは酸っぱい味がするんだー・・・」って。その後、私はいくつかのパン教室を渡り歩いて、それでわかったのだが、パンに使うイースト(酵母菌)が適温で発酵されないと、仕上がった時にそういう味がするのだそうだ。そういうのを食べるとお腹を壊すと、その時の講師がそうも言っていた。それを聞いた私は、即、パンのそのお友達のことを思い出し、「えー! 私、食べちゃったよぉー・・・」と思った。その時私がお腹を壊すことはなかったが、でも今思うと、そのパンのせいで、私は胃腸の働きが弱ってしまったんだろうか・・・。まさかねぇー。イーストは生き物だから、取り扱いには要注意よね。でも本格的な体質改善のお陰で、私自身、今はもうすっかり元気になった。

(完)

 

【ご案内】

株式会社一休のお誕生日におススメのレストランのご案内になります。下の写真は、オーベルジュ・ド・リル トーキョー(東京・六本木)の外観の様子。豪華ですよね。こちらのお店ではケーキ付きプランもございます。直径8㎝か、直径12㎝のワンホールケーキを1台つけてくれますよ。

ケーキ付きプランランキングの
全国版一覧はこちらから>>
大切な人の誕生日のお祝いに
『一休の誕生日におすすめのレストラン特集』

 

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2017年6月6日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。