【通販】 全国の自然派・無添加スイーツ集結! ~うれしいデザート~ 洋菓子9

ふらんす田舎菓子ヴァンドールのご案内になります。実店舗は、長野県駒ヶ根市。前回に引き続き今回も同じく、市販されている商品の原材料名にマーガリン、ショートニング、カラメル色素、合成着色料、保存料、香料、そして人工甘味料・・・といったものが表記されていないスイーツだけを、全国から集めてご案内しております。

同店は、中央アルプスの高原にあり、緑に包まれた、四季の彩りが見事なところです。店内にはカフェスペースがあり、手作りのケーキや焼き菓子と一緒に、丁寧にドリップされたコーヒーを楽しむことができます。客席は24席。大きな窓からは、美しい南アルプスを眺めることもできます(上記の写真はイメージです)。

同店で10,800円以上(税込み)お買い上げになると、一配送につき送料が無料になります。商品サイズについては、同店パティシエールに教えていただきました。

写真は、全て取扱店とつながっております。時が経つと、価格等が変更になることもございますので、ご購入の際は、今一度お店でご確認くださいね



【商品名:魅惑のサヴァラン・4個セット 】【原材料名:小麦粉、グラニュー糖、ラム酒、卵、牛乳、バター、生イースト、塩、アプリコットジャム、生クリーム、ピスタチオナッツ】【商品説明:直径約6㎝を4個セット販売。こちらのお店の一押し商品で、なんと看板娘なんです! 「サヴァランをたくさん食べたぁーい!」という熱い声にお応えして、セット販売が誕生しました。このお菓子は元々「ババ」と呼ばれていました。フランスの政治家で、食通としても有名なブリア・サヴァラン氏に敬意を表して、このお菓子は「サヴァラン」と名付けられました。「洋酒がきいているんでしょう? 目が回らない?」と思うかもしれませんが、煮切って作られているためアルコール分は残っていないんです。サヴァランのイメージが「ガラッ!」と変わりますよ、きっと。】【その他:クール便でのお届けになります。】

4個セット販売
価格1,920円(税込み・送料別)

 

 

【商品名:マロン! マロン!】【原材料名:バター、小麦粉、粉糖、栗の粉、マロンペースト、マロンピューレ、栗のシロップ煮、松の実、ラム酒 】【商品説明:直径約7㎝、1個販売。栗の粉を使ったサブレ生地に、栗のクリームを挟んでいます。クリームの間にはブロークンタイプの栗が隠れているので、まさに栗尽くし! ありきたりなお菓子では満足できない方をもうならせる一品です。】【その他:あまりにも立体的だったので、初めて下の写真を目にした時、結構、感動してしまいました! 栗好きな女性って、結構多いですよね。】

価格550円(税込み・送料別)

 

 

【商品名:コンヴェルサシオン】【原材料名:小麦粉、粉糖、卵、バター、ヘーゼルナッツパウダー、アーモンドパウダー、塩】【商品説明:直径約15㎝、ワンホール販売。アーモンドクリームには、ヘーゼルナッツパウダーとアーモンドパウダーを合わせています。固く泡立てたメレンゲを流し入れて焼き上げました。パイの塩味、クリームのコク、メレンゲの甘さがマッチしています。】【その他:「コンヴェルサシオン」とは、「会話」という意味です。このお菓子が誕生した18世紀の人気小説「エミリーの会話」から、名前を拝借したと言われています。】

価格2,300円(税込み・送料別)

 

 

【商品説明:ブルーチーズの溶岩タルト】【原材料名:ブルーチーズ、カッテージチーズ、生クリーム、卵、小麦粉、グラニュー糖、こしょう、塩】【商品説明:直径約15㎝、ワンホール販売。香り高いブルーチーズの中に、ゴロゴロと粒コショウがそのまま入っています。ケーキなのに驚きのスパイシーさで、ワインのお相手としても、よく合うんです。ブルーチーズが大量に投入されています。パーティーのオードルブルとしてもおススメです。】【その他:「・・・溶岩タルト」という、ちょっとワイルドな商品名ですが、実はこちら、同店の人気メニューなんです。】

価格3,800円(税込み・送料別)

 

 

【商品名:駒”ヶ根(ゴマガネ)チーズケーキ】【原材料名:クリームチーズ、生クリーム、グラニュー糖、小麦粉、卵、バター、練りごま、牛乳、チェダーチーズ、コーンスターチ、炒りごま】【商品説明:直径約15㎝、ワンホール販売。ベイクドタイプのチーズケーキ。ゴマは100%駒ヶ根産のものを使用。なめらかで濃厚なチーズを支えるのは、サクサクのサブレ生地。ほのかな塩気も感じられますが、それは隠し味のチェダーチーズ。モノトーンでスタイリッシュ。まさにチーズケーキ好きのためのチーズケーキなんです。】【その他:駒ヶ根産のゴマは高級品なのですが、それをふんだんに使っています。】

価格3,000円(税込み・送料別)

 

 

店舗の立地を活かして、厨房のお水は、アルプスの伏流水(ふくりゅうすい)を使っています。お菓子作りだけでなく、カフェスペースでお出ししているコーヒーも実はこのお水を使っているんです。伏流水とは、地下を流れる天然水のこと。お菓子もコーヒーも、とても美味しくなるんです。フランスのお菓子は塩もよく使います。この名脇役とも呼べる塩は、ドイツの岩塩を使っています。少ししか使わない。だからこそいいものを選んでいます。お店へのお立ち寄りはこちらになります。

ふらんす田舎菓子ヴァンドール

〒399-4117
長野県駒ケ根市赤穂中割23-170

中央道駒ヶ根インターから車で約10分

090-5366-1158(ヴァンドール代表)

定休日:毎週木曜日

下の写真は、同店(ふらんす田舎菓子ヴァンドール)の様子。地図や航空写真で確認できます。下の写真をクリックされますと、同店のURL内に入ります。そのページの一番下に、「大きな地図で見る」と、青い文字で表示されています。その文字をクリックしてみてください。地図が表示されます。

 

 

【お知らせ】

毎月5がつく日にヤフーでお買い物をすると、Tポイントが最大で5倍獲得できます。キャンペーンが終了すると、別の特集広告に自動的に差し替わります。5のつく日キャンペーンの条件は、エントリーが必要になります。詳しくはこちらから>>