【植物10】 同じ結果が出ない理由 ~植物の反応6~ 

クリーヴ・バクスター(Cleve Backster)氏が行ったそういった実験を、別の人が行ったが、同じ結果が出なかった・・・と言い出す人が、後に現れた。その辺に関して、私は、なんか分かる気がした。今回はそのお話の続きである。

昨晩(2016年2月14日午後9時半ごろ)、S先生(ご住職)にお電話をして、こうお聞きしてみた、これまでに貴寺院の本堂内で、ゆりを生けて(ご宝前に)お供えされることはあったのでしょうか?・・・と。すると、S先生は「ありますよ。」と、そうおっしゃった。思わず私は、「オォーーーーーー!」と思った。ゆっくりで、とてもお優しいお声だったからだ。なので、私はすぐにこう思った、また神さまからのお告げか、何かあったんじゃないか・・・と。昨晩はこれまでになく、受話器の向こうから、何やら音楽が聞こえてきた。とてもいい感じだった。「え? お尚さんが、なんで神さまとつながるの? お尚さんなんだから、お釈迦さまでしょう?」と思うかもしれない。しかし、お寺にはお寺を守る神さまがいるのだ。

そして、私は、昨晩のお電話で、こんなこともお聞きしてみた、「以前に、ゆりの香りで本堂が一杯になってしまったことがありましたが、過去において、ゆりがそういうことになったことはあるのでしょうか?」と。S先生のお話によると、ゆりでも、別の種類のお花でも、そういうことが起こったことは一度もないですと、そうもおっしゃっていた。「えっ? そうだったの?」と私は思った。あの時の祈りで、ゆりがあのようなことになるとは、S先生は、全く予想もされていなかったそうだ。

その瞬間に、私は、「あ、そういえば・・・」と、急に思い出した。以前にS先生(上記のお尚さんのこと)のお寺に遊びに行った時に、本堂のすぐ隣にある居間で、S先生と一緒に、私は何やら雑談をしていた。雑談といっても、8割から9割は、S先生が殆どお話になる。私は、ただ黙って聞いていただけ。時折、ふっと、心に響くとても素敵なことをおっしゃるので、「オォーーー!」と思い、私は直ぐにノートに書き留めたりしていた。その時に、その居間から本堂につながる廊下の扉と、そして本堂の扉も開いていたのだが、その廊下を通って、ゆりの花の香りが居間に漂ってきたことが1度だけある。とてもしっかりとした強い香りだった。しかし、その時に本堂には誰もいなかったのだ。つまり、あの時のように、誰かが本堂内でずっと祈っていたわけではない。

このことからも分かるように、逆に結果を得ようと思って、あまり実験を繰り返すと、植物がそういった私たち人間の思考などをキャッチして、違った結果が出てしまうこともあるのだろうと思う。バクスター氏と同じ実験結果が出ないのは、恐らくそういったことも1つの原因なのかもしれないなぁ~・・・と思った。

(完)

 

【ご案内】

コーヒー焙煎の全国大会2012出場!
チャンピオンのお店はこちらから>>
珈琲きゃろっと

「珈琲きゃろっと」のご案内になります。お店に問い合わせたところ、下の写真は、同店の焙煎士である内倉大輔さんご本人だそうです。全国大会で優勝された瞬間のご様子。活力と爽やかさもあって、なんか素敵ですよね! 世界に1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機でコーヒー豆を焙煎しているという。意識の目覚めは美味しい一杯から。実店舗は北海道恵庭市。


 音楽を聴くから観る時代へ
~宇宙へのかけ橋、一歩リードする~

丸いスピーカーが宙に浮くんです。サイト内リンクになります。商品のご案内はこちらから>>

 

 カテゴリー : 植物 | 投稿日 : 2016年2月20日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。