【出版物9】 小林先生 人柄と心地よさ ~調剤漢方薬の本当の話2~

私は、その銀行内で、何度か後ろを振り返ったのだが、その開閉音が繰り返されている割には、お客が店内に数えるほどしかいなかったことに、不思議に思ったりもした。そのうちその自動ドアが閉まっているにもかかわらず、開閉音だけがやたらと鳴り響いていることに気づき、なんか変だと思った私は、正面出入口のその自動ドアに近づいた。なんと、籠に入った九官鳥が、その自動ドアの端に置かれてあったのだ。完璧なまでのその自動ドアの鳴き声に、「なぁ~~~~んだ・・・」と思い、私はその場でクスクスと笑ってしまった。本当に、自動ドアの音そのものの鳴き声だったのだ。いつまでも傍で笑っていると、今度は私の笑い声を真似されないとも限らない。身体が黒くて、くちばしが黄色っぽいその九官鳥は、時折首をかしげて私を見上げていた。時には口を開けて喉を震わせ、足でつかまる2本のバーを、飛び跳ねて行ったり来たりしていた。私はその場を離れて、そして再び受付カウンターに行って、そこのお姉さんに「あの九官鳥、自動ドアの真似しちゃって、なんかすごいですね!」と言ったら、真面目な顔つきだったそのお姉さんは、一遍で満面の笑みに変わり、「そうなんですよぉ~~~~~~。ドアのところに置いておいたら、いつの間にか真似するようになってしまったんですぅぅぅぅぅぅぅぅ」と言っていた。受付のお姉さんは、なんだかとてもうれしそうだった。そのお姉さんの年齢は20歳代ぐらいに見えた。自然な笑顔がすごくきれいだと思った。恐らくあの感じじゃ、女性銀行員たちの間では、ランチにはその話で持ち切りなんだろうな・・・って思った。女性は、こういうタイプの話に花が咲きやすい。

そんな些細な、それこそこういう楽しい話でさえ、話し手の思いに耳を傾けてくれるのが、今回取材をお願いした小林実(こばやしみのる)先生なのだ。小林先生は、薬天堂薬局の薬剤師の先生である。その漢方専門店の店長で、ずっとその道1本で来られた先生だ。カウンセラーの資格もお持ちなのかな・・・というような雰囲気もあり、とても穏やかなさざ波のような先生だと、そんな印象も受けた。

薬天堂に入ると、小林先生は、一角にある透明ガラスで覆われたお部屋の中で、調剤薬を作っておられ、なんだかとても忙しそうだった。「宇宙が今日はゆっくり行きなさい・・・と言っていたのは、この事だったのかもしれないなぁ~・・・」と思った。

 

TVで放映中! ダイレクトテレショップ
お問い合わせはこちらから>>
【医療機器】ライフアッププロ

ダイレクトテレショップライフアッププロのご案内になります。腰の疲れって、結構つらいですよね! 不思議な動きで腰を「ググゥ~!」っと伸ばしてくれるマッサージ器。テレビ通販で話題の次世代型腰マッサージャーです。人が足を持って引っ張り上げて、ゆすってくれているかのような感じ! 3分でわかるライフアッププロ! 機能の詳細を動画でチェックしてみませんか?

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月7日

【広 告 (Advertisements)】