【出版物17】 家の庭で漢方薬作り可能か ~調剤漢方薬の本当の話10~

すると、小林先生は、こうおっしゃっていた。栽培は可能だが、漢方薬は種類が多いので、全部が全部そうだということではないが、ただ野菜を育てるのと違って、プランターなどでは育ちにくいそうだ。一定量の成分を含む質の高い生薬を育てるとなると、家庭菜園では、やはり難しい・・・というのが現状のようだ。地元中国では漢方薬は一般に使われており、アメリカやヨーロッパでも、今、漢方薬はブームなのだそうだ。

私はそういったレタスと共に、初めての家庭菜園で、今年、バジルも育ててみた。白い小さなお花がたくさん咲いた。そして種も随分と採れたのだ。とても感激した。まずはそういったハーブから育ててみようと思った。

小林先生のところでは、例外もあるが、殆どの人に1回に1か月分のお薬をお出ししているそうだ。手に取ってみると、病院で出される薬袋の2倍の大きさだ。なんとも頼もしい感じがした。その袋の裏側にはこう書いてあった、「昔から『薬補は食捕にしかず』といわれるように、薬で身体を補う前に、食事による栄養補給が大切です。毎日の食事が即ち、健康の源となるわけです。今迄いろいろと試したが治らないとあきらめている方、体質に合った漢方薬に加え、食養生と規則正しい生活を心がけることが治療の早道となります。」と。薬物療法や食事療法、そして運動療法も合わせて考えていくといいのかもしれない・・・、そんな風にも思った。

小林先生のお店では、漢方健康相談は無料で行っている。相談日はなるべく電話にて、ご予約いただけるとありがたいとのことだった。

漢方専門 薬天堂薬局 小林実(こばやしみのる)先生 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨3-22-8 平松ビル101 Tel:03-3915-8910 URL:http://yakutendo.jimdo.com/

(完)

 

【ご案内】

体調管理も仕事のうち パワーポイント
~どんな道に進んでもそれなりの事はある~
だからこそ好きな道を選ぶ!

自分自身を磨いて、テレビやCMに出たい! 役者や雑誌モデルなんかもやってみたい! と希望されている方へのご案内になります。サイト内リンクになります。詳しくはこちらから>>

 

 カテゴリー : 出版物 | 投稿日 : 2015年12月10日

【広 告 (Advertisements)】