【社会82】 口内炎2日で治る! あまりの早さに驚いた! ~ひまし油~ 意外なワンポイント

ここ1週間ぐらい前から、突然、口内炎が1つ出来た。場所は舌の下で、白く、最初は数ミリ程度の大きさだった。形は丸かった。ところが日を追うごとに、その炎症が段々と大きくなり、気づいた時には、優に5ミリは越えていた。とにかく痛みが増す一方だった。「こりゃ、まずいぞ!」と思った。

調べてみたところ、一般的にもっとも多くみられる潰瘍性口内炎と思われた。アフタ性口内炎と言われているものである。

自然療法が好きな私は、ひまし油を思い付いた。ひまし油はどんなものにも使えると聞いたことがある。オイルなのに、点眼としても使えるのだ。クチコミ情報を見て、眼精疲労の時にひまし油を点眼してみたが、結構よかった。

ただ、以前に、口角炎(口唇ヘルペス)になった時に、ひまし油を患部に塗っておいたが、亀裂の痛みを緩和してくれたものの、完治には至らなかった。

そんな事をあれこれと思い出した私は、「さて、今回はどうしたらいいものか・・・」と思った。他に方法もなかったので、試しにひまし油を患部に塗ってみることにした。その時に、なぜかふと気づいた。患部と患部周辺を、乾燥させてみようと。

ティッシュで患部を拭いたが、すぐに唾液が出てきてしまう。モタモタしてると、うまくいかない。ティッシュは水分を含むと、すぐに破れてしまう。カスが口の中に残ってしまい、それを取り除いている間に、あっという間に唾液が出てきてしまう。

困った揚げ句、扇風機とティッシュを使った。そして、完全に乾燥させた状態で、スポイトを使って、たった1滴だけひまし油を患部に垂らしてみた。これがうまくいった!

その後、物凄いスピードで、今までになく、ひまし油が浸透していくのがわかった(ジワジワジワ~・・・と来た!)。それと同時に、痛みがドンドンと消えていった。「そうか、恐らくこれでいいんだ!」と思った。

その晩、そのまま休んだ(スヤスヤ熟睡)。その翌日の朝、鏡で患部を見たら、なんと小さくなっていたのだ。痛みも殆ど消えていた。私は確信した。そして2日目の晩に、もう一度同じ要領で、患部にひまし油を1滴落とした。

そのまま休み、朝起きて鏡で見たら、口内炎がどこに行っちゃったのか・・・と思うくらいに、その痕がきれいになっていたのだ。たった2日で治ってしまった・・・ということである。あまりの回復ぶりに、私は信じられないと思い、驚いてしまった!

3日目は、その1滴を忘れてしまった。そして4日目の晩に、念のため、ひまし油を1滴だけ、同じ要領で患部に塗ってから休んだ。翌朝、口の中を確認したが、全く問題なかった。その後、ひまし油は使っていないが、再発や転移の兆しも、今のところ見受けられない(なんか、いい感じ!)。

コツは、清潔な脱脂綿などを使って、唾液をしっかり拭き取ること。患部を乾燥させた状態で、ひまし油を1滴つければ充分。毒性が強いので、要注意です。

ドラックストアーなどで売っているひまし油は、殆どが精製されたもので、下剤として使われている。

ひまし油は、エドガー・ケイシー療法で使われているものがおススメ! つまりオーガニックで、未精製のもので、冷圧搾(コールドプレス)のもの。

蚊に刺された時とかにも使えるので、1本持っていると便利です。下記はアマゾンとつながっています。

詳しくはこちらから>>
https://images-fe.ssl-images-amazon.
com/ images/I/51WCYrOXZXL._
AC_US160_.jpg

口内炎の原因は、ビタミンB2不足というより、睡眠不足か、あるいは夏の疲れかな・・・。身体をしっかり休めようと思う。

(完)

 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2017年9月11日

【広 告 (Advertisements)】