【社会29】 においと記憶力 ~心地よい香り、風のように2~

惨劇はここからはじまった。その日の午後、私は必要なものを金庫室に取りに行った。金庫室は窓1つなく、確か空調設備もなかったように思う(ま、そりゃそうよね、金庫室だもん!)。その扉を開けるには、コーヒーでも飲んで、すっかり目を覚ます必要がある。その位に重かった。

その金庫室の扉はたった1つ。そこを開けて中に入って、そしてある資料を手に取った途端、これまでになく異様な臭いがしたのだ。私は思わず、「ゲッ・・・」と思った。

直前までその金庫室にいたのは、あのA氏である。A氏は、糊をしっかり乗せてプレスした、バリバリのきれいなワイシャツを着ていたし、髪もそこそこにまとまってはいたが、寝坊したので、恐らくお風呂には入れなかったんだろうと思った。

A氏とすれ違うと、確かに金庫室と同じ臭いがした。すれ違う度に、何度もそういう臭いがしたのだ。そして、そういう日に限って、金庫室に頻繁に出入りしなければならなかった私は、段々具合が悪くなっていった。そこで、私はこうした。金庫室の外で大きく息を吸って、金庫室に入ったら息を止める。苦しくなったら、時間をかけて細く長く息を吐くのだ。「これだぁーーー!」と思った。

 

コーヒー焙煎の全国大会2012出場!
チャンピオンのお店はこちらから>>
珈琲きゃろっと

「珈琲きゃろっと」のご案内になります。お店に問い合わせたところ、下の写真は、同店の焙煎士である内倉大輔さんご本人だそうです。全国大会で優勝された瞬間のご様子。活力と爽やかさもあって、なんか素敵ですよね! 世界に1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機でコーヒー豆を焙煎しているという。意識の目覚めは美味しい一杯から。実店舗は北海道恵庭市。


 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年6月8日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。