【社会53】 ニューヨークの街中で、全ての夢が消える! ~海外旅行~ 気を付ける

私の旧友(日本人男性Aさん)が、ある時アメリカのニューヨークへ遊びに行った。その時に、とても不思議なことが起こったという(不思議というより、大惨事だ!)。Aさんはアメリカの硬貨をジャラジャラと出して、私に見せてくれた。25セント、10セント、それに1セントのコインもあった。Aさんは旅行が好きで、事はニューヨークの本場ブロードウェイ・ミュージカルを見に行った時に起こった。

Aさんがニューヨークの街中を1人で歩いていたら、突然「ドン!」と、軽く何かが自分の背中にぶつかるのを感じたそうだ。「あれ、なんだろう・・・」と思った瞬間、通りすがりの人が英語で、「あなたの背中に、なんかついてるよ!」と、教えてくれたそうだ。その人はその一言を発すると、Aさんをそそくさと通り越して行ったという。その場に立ち止まったAさんは「え? そうなの? やっぱりか・・・」と思って、自分の背中を見ようとした次の瞬間、今度は別の通りすがりの人が「これ、使いな・・・」と、英語でそう言って、ティッシュを差し出してくれたんだそうだ。タイミングよかったこともあり、Aさんは「助かったぁー・・・」と思ったそうだ。それでAさんは「ありがとー!」と、英語でお礼を言い、そのティッシュを受け取った。ティッシュを手渡したその人も、直ぐにその場からいなくなったそうだ。

Aさんは、その時に、手に持っていた小さなバックを地面に置いて、それで背中についた汚れを、1人で拭き取ったんだそうだ。その汚れをよ~く見たら、アイスクリームか、シャーベットか、あるいはフローズンヨーグルトかよくわからないが、とにかくそっち系の普通の食べ物だったという。

Aさんは、汚れを適度に落とし終えてやれやれと思い、気を取り直して「さぁー、行くぞぉー! ブロードウェイ・ミュージカルだぁーーー!」と思った次の瞬間、自分の足元に置いたはずの、その小さなバックが、忽然と消えていたことに気づいたんだそうだ。時間にしたら、わずか数分の出来事だったという。

あれだけ親切な人が次々に自分の目の前に現れては消え、消えてはまた現れて・・・で、事が済んだ時には、自分の近くにはもう誰もいなかったという。パスポートやトラベラーズチェック(海外用の小切手のこと)、そして現金や鍵などの貴重品が入った小さなバックと共に、全ての夢が一瞬で消えてしまったのだ。私は、「えーーーー!」と思い、驚いてしまった。そして私はAさんに「もしかして、それって、集団による犯行じゃない?」と、聞いてみた。すると、「うん、今思うと、確かに全てのタイミングがよかったからねぇ~・・・」と、Aさんはそう言っていた。

その後、Aさんは地元の警察に行って、被害届を出したようだ。でも、結局何1つ戻ってこなかったという。外国に行ったら、貴重品は絶対に自分の身体から離さない方がいい・・・というのを聞いたことがあるが、こういう事だったのかぁーーーっと思った。

海外の有名な観光地や口コミ情報などをよく書き表しているのが「地球の歩き方(https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51X8gPbMM4L._AC_US160_.jpg)」という本だ。海外旅行をするにしても、海外留学をするにしても、これを1冊持っていると、結構、便利だと思う。

(完)

 

お誕生日におススメのレストラン特集のご案内

株式会社一休のお誕生日におススメのレストラン特集のご案内になります。下の写真は、レストラン花の館 パラディ北野(兵庫・北野町)の店内の様子。北野異人館街にたたずむ一軒家のレストラン。緑に囲まれたガーデンには、四季折々の花々が1年中咲きほこるという。吹抜けの開放的な店内は、昼は太陽が明るく差し込み、夜はライトアップされた花や緑がひときわ幻想的。暖炉のあるダイニングからは、小さな日本庭園や西洋庭園を眺めることができるそうです。2階には、落ち着いた雰囲気のVIPルーム(6名様~12名様)も完備されている。併設されたテラスからは、神戸の夜景も楽しめるそうですよ。至れり尽くせりのおもてなしですよね。

株式会社ブックスドリーム:意外な本の買い取り!
お問い合わせはこちらから>>
「専門書アカデミー」

株式会社ブックスドリームの専門書アカデミーのご案内になります。自己啓発の本や、哲学、宗教、心理学、あるいは大学の教科書や専門書など、ご自宅で眠っていませんか? ブックオフをはじめとする一般的な古本屋さんでは、なかなか買い取りをしてくれないことが多い資格・就職予備校、医療系予備校などのテキストやCD・DVD教材、語学教材なども買い取っているそうです。現在では、10冊以上で全国送料無料になったそうです。下の動画は買い取りのご案内です。値がつくうちに売って、心機一転できたらいいですよね!

 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年9月20日

【広 告 (Advertisements)】