【社会55】 繰り返しのお見合い ~結婚相談所~ 失敗の連続 気づく力大きい!

一昨日(2016年10月6日)に、【社会54】で「ぼそぼそとしゃべる男性・・・」の記事を書いてアップしたが、その晩、お布団に入って、ウツラウツラとしていた正にその時に、私は、突如と、ふとこう思った・・・「なんで彼は(ぼそぼそとしゃべる男性のこと)は、あの時にお見合いがダメになったその理由を、私に聞かなかったんだろうか・・・」と。

10年以上も前の事だし、今更考えてもしょうがないよ・・・という思いが、私のすぐそこにあったのは確かだが、でも、すぐそこにあっても、その思いが私に近づかなかった。だから私は、より意識を集中することが出来た。

恐らく、彼は、こう思ったのかもしれない、「相手がイヤだって言ってるんじゃ、しょうがないかぁー・・・」とか、「じゃ、僕はあきらめるよ・・・」「あぁ~あ、やっと理想の女性に出会えたのに、また振られたかぁー・・・」と。「こんな僕でもいいと言ってくれる女性を探せばいいかぁー・・・」と、そうも思ったのかもしれない。

自分を変えずに、相手を変えようとしてもダメだと、人はよくそう言うけれど、そういう流れで、ずっと生きてきているのに、自分を変えようとして、いきなり大きく舵を切ろうものなら、精神的にかなり負担になるように思う。

相手を変えるのではなく、自分を変えるのでもない。ただ、気づく。気づく、それだけでいい。ここでいうなら、お見合いがダメになった本当の理由を知ること。その理由に対して、自分が何をどう判断し、どう決めていくのか・・・だ。そういった1つ1つの気づきの中で、人は変われるんだと思う。彼には、それがなかったんだと、私は気づいた。

「こんな僕でもいいと言ってくれる女性を探せばいいかぁー・・・」という、彼の考えや意識を否定しているわけではない。1つの考えとして、それはそれでいいと思う。でも、そうやって10年以上の時が流れても、理想の女性が現れては、やがて消えていく・・・。

そういう事がずっと続くと、人は大抵、心や意識が落ちる。「僕って、ダメな人間なんだ・・・」とか、「私って、必要とされていない人間なんだ・・・」と、そういう気持ちが出てくる(こともある)。自分が発した波動と同じ波動のものを引き寄せると、斎藤一人(さいとうひとり)さんがそう言っていた。宇宙の法則とは、どうもそういうことらしい。斎藤一人さん(銀座まるかんの創業者)とは、日本一のお金持ちと言われている、あの有名なお方のことだ。

斎藤一人さんは、こうも言っていた、1人じゃ寂しいから・・・と言って結婚しても、人は幸せにはなれないと。寂しいという波動を発していると、寂しいと思っている人を引き寄せるのだという。寂しい人と寂しい人を足したら、ダブル寂しいになる。つまり寂しさが2倍になる・・・と、そんなようなことを言っていたのだ。人が幸せになれる方法を解き明かした斎藤一人さんのお話を、以前にここの「星がささやいて」で記したことがある。ご興味のある方はここをクリック。

結婚相談所や結婚カウンセラーを頼るのではなく、彼らに力を貸してもらう・・・という考え方でいいように思う。

私が20代前半の頃に、趣味のアイスダンスを通じて知り合ったお友達がいる。そのお友達は、英語圏で生まれ育った女性で、彼女のご両親が日本から英語圏へと移住したんだそうだ。家では日本語を使い、学校では英語を使う生活をしていたので、彼女は日本語も英語もとても堪能だ。彼女は通訳の仕事をしているので、世界中を飛び回っている。彼女がたまたま日本に来ていた時に、お仕事の後に、お夕飯を一緒に食べようよ、と彼女に誘われたので、2人で会って、レストランでご飯を一緒に食べたことがあった。「オォー、待ってたよぉ~~~!」と、そのバイリンガルの彼女がそう言って、片手を上げたその先から、1人の男性がこっちに向かって歩いてやって来た。彼は私たちのテーブルの椅子に座った。純日本人で、見た目30代前半に見えた。私は当時、20代前半だったので、その彼とおよそ10歳の差があった。なので、彼から見たら、私はほんの子供にしか見えなかったと思う。ところが、後にわかったのだか、それは見合いだったのだ。

彼がテーブルにつくと、すぐにウエートレスさんがやってきたが、すぐに行くから、いいですと言って、彼は何も注文せず、運ばれてきたお冷だけが、彼の目の前にそっと置かれた。どうも、二人は同じ職場の同僚だぞ・・・という事がわかり、仕事の話があって、それで彼がやって来たのかと、私はそう思った。ところが、ウエートレスさんが立ち去ったその後、彼はやたらとチラチラと私を見るのだ。何だろうぉ~・・・とは思ったが、でもまさかそれがお見合いだったとは、私は夢にも思わなかった。

その後、初めてのその席で、彼が何をしたと思う? いきなりスイッチが入ってしまい、彼は、身振り手振りで、面白おかしく色んなことを次々に1人でしゃべり出したのだ。お仕事の話とは程遠い内容だった。テレビで人気の明石家さんまさんって、結構、しゃべって笑って明るいけど、さんまさんよりも、もっと早いスピードでその男性はしゃべりまくったのだ。同席していたバイリンガルの彼女は、煽られてよく笑っていたが、私は彼の話に殆どついていけなかった。彼は15分か、20分位、私たちと同席したが、彼が途中で帰った後、「嵐が立ち去ったぁー・・・」と、私はそのレストランでそう思った。その位に、彼の勢いはすごかったのだ。

勿論、そのお見合い話はお断りしたが、あの「ぼそぼそとしゃべる男性」とは逆に、舞い上がってこのようにいきなりしゃべり出す男性もいる。どちらにせよ、いつもとは違うスイッチに切り替わってしまったのかもしれない。

このケースの場合、1つの方法として例をあげるならば、こうだ。まず、ひと目見て、相手を気に入った。でも、ここにいつまでもいるのは、なんだか気恥ずかしい。でも、来た早々だから、帰るに帰れない・・・。そういう時は、まず、自分の携帯を見て、着信があったフリをする。それで「来た早々で、申し訳ないんだけど・・・。う~~~~~~ん、急用が出来ちゃった・・・。」とかなんとか言い、その場から離れる。取り返しのつかないような、大きなうそをつくのはまずいが、まずは気転を利かす。それで、日を改めて会うようにすると、よかったかもしれない。それを結婚相談所か、あるいは結婚カウンセラーに言って、仮に怒られたとしたら、「よし、今度こそ!」と思い、前向きな気持ちになれるようなら、彼らの力をそのまま貸してもらえばいいし、仮に怒られて、「シュン!」となり、気持ちが落ち込むようなら、結婚相談所や結婚カウンセラーそのものを替えるといいかもしれない。我慢することではなく、耐えることでもなく、何とか乗り切ろうと頑張る必要もないような気がする。大事なのは、事が起きた時に、自分の本当の気持ちに気づけるかどうか・・・という事なんだと思う。気づければ、「あ、じゃ、今回は、こうしてみようか・・・」とか、そういった声が、自然と自分の内側から聞こえてくるようになると思う。今回のこのケースなら、「自分の気持ちが段々舞い上がってきたぞ! なんか危ないぞ!」と、そう気づいたその時点で、携帯でもなんでもいいから使って、その場からうまく離れる。わからない事や、決断が出来ない時は、カウンセラーがついてくれている。相談してみるといいと思う。なぜなら、彼らはプロフェショナルなのだから。


上記の「Bridal チューリップ」は、以前にご紹介した白衣コンに関する結婚相談所と同じ会社である。こちらのプログラムの入会条件は、看護師である必要はなく、20歳以上の男女が対象になる。無料カウンセリングで、入会するように強制されることはないそうだ。以前に少しこの話題にも触れたが、「しつこい勧誘は、信頼関係を潜在的に失う・・・」ということを、こちらの会社は知っているのだと思う。恐らく、そういう事なのだと思う。URLの内容を拝見したが、そんな印象を受けた。ご興味のある方は、一度、無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれない。

(完)

 

コーヒー焙煎の全国大会2012出場!
チャンピオンのお店はこちらから>>
珈琲きゃろっと

「珈琲きゃろっと」のご案内になります。お店に問い合わせたところ、下の写真は、同店の焙煎士である内倉大輔さんご本人だそうです。全国大会で優勝された瞬間のご様子。活力と爽やかさもあって、なんか素敵ですよね! 世界に1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機でコーヒー豆を焙煎しているという。意識の目覚めは美味しい一杯から。実店舗は北海道恵庭市。


焙煎という技術は、たった1℃の温度の違いでも、味が変わってしまうデリケートなものなのだという。

「お豆のまま」でご購入のお客様には、ご自分でお豆を挽く目安として、「挽き方のサンプルの粉」をつけてくれるそうですよ。さすが「珈琲きゃろっと」ですよね。いくつかの約束事を守れば、誰でも簡単に、ご自宅でプロの味を出せるそうです。コーヒーのいれ方の説明書もつけてくれるという。心強いですね! すてきなコーヒータイムを!

 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年10月8日

【広 告 (Advertisements)】