【社会56】 テレビ出演果たす ~青森から初めての作曲~ ドキドキが止まらない 

以前に、aomorigontaさんの動画をここでご紹介したことがあったが、彼は、今回生まれて初めて作曲をされたそうだ。それを星々の映像に乗せて、ごく最近にその動画を一般公開した。私はとても気に入ってしまい、続けて4回も再生してしまった。下記の動画が、今話題のaomorigontaさんの最新作だ。

彼はNHKの取材も受けており、2011年1月に、夜10時50分からの総合テレビで、aomorigontaさんの星々の映像とご本人の映像、そしてインタビューされた時の様子が、日本全国に一斉に放送されたそうだ。私がこの事を知ったのは、実はごく最近のことで、私は何も知らなかった。

彼が、今回初めて作曲を手掛ける・・・ということを、この動画公開日の数日前に知って、私はとても楽しみにしていた。ところが、この動画の再生ボタンを初めて押す正に数秒前から、なぜか私は急に「ドキドキ、ドキドキ・・・」としてしまい、なかなか再生ボタンを押せずにいた。なんか変だなぁ~・・・と、私はそう思った。

余談になるが、こういう時は、その「ドキドキ」のその鼓動に、できる限り自分の意識を近づけてみると、面白いことが起こる(ことがある)。例えば、急に閃いたり、過去に置き去りにした問題が、突如と解けてしまったり、あるいは普段の視覚や聴覚とはちょっと違う感覚で、物事を忽然と理解してしまう・・・とかね、そういうことが起こるのだ。

恐らく、千賀一生(ちがかずき)さんも、そういう感覚があったんだろうと、私は、その時、ふとそうも思った。

下記の動画を拝見した後に、私はaomorigontaさんに、こうお聞きしてみた「この曲を作っている時に、音が宇宙から聞こえてくるような感覚って、 ありました? あるいは指が鍵盤の上で、何かに導かれるように、 スムーズに動く感じでした?」と。

すると、彼は「(今回)作曲にトライしましたが、宇宙や空から聞こえてくる感覚なんて、まだまだそんな域には達しておりません(笑)。はやく、メロディーの神様に見つけてもらえるよう努力したいと思います。」と、そうおっしゃった。「メロディーの神様」という表現が、なんかすごくカワイイと思った。

自然をありのままに見ると美しすぎて、ほんと泣けてきますよねぇ~・・・。

(完)

 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年10月15日

【広 告 (Advertisements)】