【霊的世界65】 お釈迦様やお釈迦様のお弟子さんたちの空中浮遊 ~瞬間移動も出来た~ パート3

【霊的世界62】の記事で、宙に「フワァ~!」と浮かぶことができる人は、世界に結構いるようだ・・・といった内容の記事を少し書いた。

その時の内容を再び少し書くと、こうである。空中浮遊をお出来になる人は、日本人だと、ヨガ行者の成瀬雅春さん(1946年1月25日ー )がそうらしい。かつて「サンデー毎日」(1983年5月1日号)のグラビアに、「驚異の空中浮揚術」として、8枚の連続写真が掲載されたそうだ。更には「週刊文春」(1988年4月21日号)に「空中大浮揚」として、地上1メートルを超える写真が掲載されたこともあったそうだ。

インドでは、呼吸法によるヨガを行うと、重力を超越して、空中に浮いたりすることが出来ると言われているという。成瀬さんご本人がご出演されている動画を、何本かユーチューブで拝見したが、空中浮揚のコツは、とにかく時間と空間という概念がなくなることが、第一段階なのだという。

今回、空中浮遊について、S先生(日蓮宗・ご住職・男性)とメールとお電話でやり取りした際に、私はS先生に同上の成瀬雅春さんについてもお聞きしてみた。

すると、なんとS先生は成瀬さんのことをご存知だったのだ。ご存知というより、面識があるのだという。これには私も驚いた!

どんなセチュエーションで、何の目的で・・・といった詳しいことは伏せるが、お2人がお会いした時に、成瀬さんは、ご自分が空中浮揚された時の写真を、S先生に見せたそうだ。これを聞いた私は、気持ちが「カァー!」と熱くなってしまった。(^^ゞ

心を落ち着けて、私はS先生にこうお聞きしてみた「S先生って、唱題プラクティスであれだけのこと(超能力とか、霊能力があるという意味)をされますでしょう? 成瀬さんは、S先生が霊的な力を持っているということを知っているのですか?」と。自分で質問しておきならが、S先生がなんとおっしゃるのか、私はこの時、固唾を呑んだ。

すると、「そういう話にはならなかったので、(成瀬さんは)何もご存知ないんじゃないでしょうかねぇー・・・」と、S先生は「サラッ!」とお答えになった。

そして、私はこうもS先生にお聞きしてみた、「S先生が成瀬さんと実際にお会いしてみた感じ、成瀬さんは本当に空中浮揚がお出来になる方だと思われますか?」と。

するとS先生は、「うーん、そうですねぇー・・・。あの方なら(空中浮遊が)出来るでしょうね。お出来になると思いますよぉー」と、そうもおっしゃった。「えっ、やっぱりそうだったんだぁー!」と、私はそう思った。

最後に、私は思い切って、S先生に「成瀬さんとお会いしたその時に、成瀬さんがS先生に空中浮揚を、実際にやって見せてくれたのですか?」と、お聞きしてみた。

それはなかったそうだ。そういう場ではなかったのだという。

その後、私は、成瀬さんの空中浮揚の動画が、もしかしたらユーチューブにあるかもしれない・・・と気づいた。

ユーチューブで、あれこれと探したが、成瀬さんの浮揚シーンの動画は、なぜか1本も見当たらなかった。

ウィキペディアによると、成瀬さんは、外面的な現象にとらわれる修行の段階を通過したため、実演などは行っていないそうだ。最後に空中浮揚の写真が撮影されたのは、1990年4月で、動画としては残っていないという。なーんだ、そういうことだったのかぁー・・・と、私はそう思った。

眠れる予言者エドガー・ケイシーさんの父方のお爺様は、手で触らずに、箒を操ることが出来たそうだ。そういう事を思うと、やはり現代人でも、浮揚が出来る人は出来るんだぁーすごいなぁー・・・と、私はそうも思った。

(続く)

 

【ご案内】

山羊ミルクのご案内になります。眠れる予言者エドガー・ケイシーさんは、山羊のミルクを飲むことをおススメしていました。それを知って、私も山羊のミルクを飲んでみました。特濃牛乳よりもちょっと「ドロッ!」としている感じでした。でも、匂いもそんなに気にならず、それでいて不思議と、懐かしい感じがしました。ちょっとですが、幸せな気持ちにもなりました。山羊のミルクは、牛乳よりもカルシウムカリウムタウリンなどを多く含み、栄養価が高く、脂肪球が小さいので、消化吸収にも優れているんですよね。人間の母乳に一番近いんだそうです。なんかわかる気がしました。

その1 しれとこヤギミルク 200ml×10本 無添加で、北海道の広大な牧場で育った山羊ミルクです。衛生管理などちゃんとしてる感じもよかったです。 こちらの商品は、ノンホモジナイズで、低温殺菌(65℃で30分間)されています。ノンホモジナイズとは、搾ったミルクを均一にするために、「シャカシャカ」とかき混ぜていない・・・という意味。

 

 

その2 るり渓 ヤギミルク 900ml×1本で、京都府西南部のるり渓のふもとにある牧場から直送になります。こちらの商品も、ノンホモジナイズで、低温殺菌になります。比較的、お値段がお手頃かな・・・という印象を受けました。

 

 

その3 高知川添ヤギ牧場ヤギミルク(ビン)500ml×1本です。ノンホモジナイズで、低温殺菌されています。田畑の有効活用を行いながら、山羊の餌を作り、100%自給飼料で牧畜しています。そのため、山羊ミルクには、山羊独特の匂いはないそうです。育て方が大切なのですね。

 

 

その4 やぎみるく150ml×8本組です。沖縄県中城村のはごろも牧場の山羊ミルクになります。こちらの商品は、ノンホモジナイズではなく、ホモジナイズ。そして低温殺菌されています。こちらの牧場では、厩舎(きゅうしゃ)の清掃に気を使い、独自の餌を与えています。そのため、山羊ミルク特有な匂いは気にならない・・・という方が結構いるという。さとうきび畑の広がる海辺の近くに牧場があり、100頭余りの山羊たちが、のびのびと暮らしています。

 

以上4つの牧場山羊ミルクを、私、乃風がご案内いたしました。(^_-)-☆

 

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年9月25日