【霊的世界12】 政治家は木星出身者が多いと言われている ~実際はどうか7~

前回の続きである。

第3位の「木星&水星」の組み合わせを持ち合わせた歴代の内閣総理大臣は、第34代、第38代、第39代の近衞文麿(このえふみまろ)氏である。

第2位の「海王星&海王星」は、以前に少しお話したが、第44代の幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)氏のみ。

第1位の「木星&海王星」は、お2人いる。第81代の村山富市(むらやまとみいち)氏。そしてもうお1人は、第90代と第96代の安倍晋三(あべしんぞう)氏である。後者は、そう、現在(2016年1月)の内閣総理大臣である。

上記のこの第1位の結果を分かりやすく言うと、こういうことだ。歴代の内閣総理大臣96人に向かって「木星出身者、集まってくださぁーーーい!」と言ったら、どっと17人が集まった。この17人は、他の星々の中で一番多かった。次に、ごわさんにして歴代の内閣総理大臣96人に向かい、今度は「海王星の影響を受けている人、集まってくださぁーーーい!」と言ったら、ごそっと18人が集まった。この18人も、他の星々の中で一番多かった。このトップ同士の星である「木星&海王星」を持ち合わせているのが、歴代の内閣総理大臣96人の中で、村山富市さんと安倍晋三さんのお2人だけしかいない・・・ということである。

この結果に直面した時、私は、こう思った、「木星出身者で海王星の影響を受けている人こそが、最も内閣総理大臣になりやすい・・・ということでいいんだろうか・・・」と。しかし、何かが違う気がした。何がどう違うのか・・・、考えれば考えるほど分からず、私は悶々としてしまったのである。

「どうしたらいいものか・・・」と思っていたら、突然、ふと、斉藤大法(さいとうだいほう)氏のことが頭をよぎった。「よし、聞いてみよう!」と思った。斉藤大法氏とは、昨年(2015年11月14日)に、私が取材をさせていただいた精神科のお医者さまであり、要唱寺(ようしょうじ)のご住職でもあられるお方である。その取材で最後にとても不思議なことが起こったのだが、とにかく長いので、もしその青い文字をクリックされるのなら、コーヒーでも飲みながら・・・の方がいいかもしれない。

 

株式会社Fabric Artsのコトハコーヒーのご案内

コトハコーヒーは、カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒー専門店です。こちらのお店の「カフェインレスコーヒー」の作り方は、ウォータープロセス製法といって、水の力を使ってカフェインを取り除いています。化学物質を一切使わず、カフェイン除去率は97%。お客様の声で、「ノンカフェインとは思えないほど、コーヒーを飲んでいるそのものでした。コーヒー好きにとってはありがたいです。」という手書きのコメントが印象的でした。

通常のドリップタイプは、お湯を注ぐと、コーヒーが抽出されるのと同時に、パックがコーヒーに浸かってしまう。こんな感じ。

しかし、こちらのお店のカップオンタイプの場合、カップの上に乗せてお湯を注ぐので、パックがコーヒーに浸かる心配がない。コトハコーヒーのウェブサイトでも公開されている下の1分15秒の動画でチェック!

この方が、じっくり蒸らしながら抽出されるため、味にムラが出ず、おいしいコーヒーをいれることができるそうです。この差はやっぱり大きいですよね!

コトハコーヒーカフェインレスドリップバッグ全種飲み比べセットのお試しはこちらから>>

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2016年1月27日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。