【霊的世界50】 本堂で初めてのお経 ~手が極限に伸びる~ 心寄せる霊がすぐそこにいた

私たち家族が、その初詣で初めてS先生(日蓮宗・ご住職・男性)にお会いした時に、私は最後に、こんな事をS先生にお聞きしてみた、「僧侶としての修行に、例えば、瞑想だとか、お経を読むとか、あるいは滝行とか、色々あると思うのですが、その中で一番霊的な力を感じるものは何ですか?」と。

すると、S先生は、お声をお出しにはならなかったが、首を1回、ゆっくりと縦にお振りになり、そしてこうおっしゃったのだ、「お経!」と。

「聞いたぞ! 聞いたぞ! 遂に聞いたぁー・・・!」と、私はその時そう思った。それと同時に、ちょっと意外にも思った。「瞑想です!」とおっしゃるかと思ったからだ。

そして私は更にS先生にお聞きしてみた、どんなお経を読まれるのですかと。するとS先生は、お経はお経でも、色々あるのですけれどもね・・・とおっしゃり、あまりそれ以上をお話になる感じではなかったのだ。

なので、少し間を置いてから、私は更にS先生に「私でもそのお経を読めるのでしょうか?」と、お聞きしてみたのだ。「そうですねぇー、まー・・・」と、S先生はそんな風にお返事されたように思う。私の意識が少しずつではあったが、S先生に詰め寄って行った。

S先生も、私がとても興味を持ったのをお察ししてか、S先生は微かに笑みを浮かべられて、そしてこう教えて下さった、「唱題プラクティス」というものがあるのですよ、と。お経とは、どうもこの事だぞ・・・というのが、その時の話の流れでようやくわかった。

私は瞑想が好きで、しょっちゅう瞑想を行っているが、放っておいたら、1時間過ぎても平気で瞑想を行っている。なので、お経はお経として、直にお尚さんに教えていただけるのなら、そういうチャンスは滅多にないし、是非やってみたいと思った。

じゃ、今「唱題プラクティス」を少し触りだけでも本堂でやってみましょうか・・・と、S先生がそうおっしゃってくださったのだ。私は「えーーーー!」と思い、内心かなり喜んだ。初めてS先生にお会いしたその初詣で、「唱題プラクティス」まで行えることになったのだ。なんだかすごいことになったと思い、舞い上がる気持ちを「グッ!」とおさえ、トコトコと家族と一緒に本堂へ入って行った。

お経を唱える上での、簡単な礼儀作法等を、本堂で少し教えていただいた。とにかくS先生の真似をすれば間違いない・・・と思い、コツをつかんだら、後は一心に祈った。その唱題プラクティスで、20分位続けて祈ったように思う。

その祈り(唱題プラクティスのこと)が終わると、S先生はとても不思議なことを私におっしゃったのだ。S先生は祈っている間中、ご宝前で正座をされ、ずっと前を向いておられたし、S先生が動くことは一切なかった。勿論、本堂内で何か変わった様子も一切なかった。私はその時、S先生から数メートル離れた、右斜め後方で正座をして祈っていた。S先生は、その祈りの最中に、S先生の手が数メートルほど伸びたのだという。伸びたその手がぐるりとゆっくり左回りをして、私のところで止まると、S先生の手の平に乗り、今度はS先生の反対の手の平に移ると、再びゆっくり左回りをしながらご宝前へ戻り、その後ご宝前の中へと入って行ったのだそうだ。

私は「はぁ~?」と思った。最初、S先生が何をおっしゃっているのか、さっぱりわからなかったのだ。よ~くお聞きしてみると、ずっと私の傍にいて私に心を寄せていた霊が、今回の唱題プラクティスによって、ようやく向こうの世界へと旅立って行った・・・というのが事の真相だった。

どういうことかと言うと、数メートルも伸びたS先生の左手が、最初、私の目の前で止まると、私についていた霊がS先生の手の平に乗り、その後、今度はS先生の反対側の手の平にその霊が移ると、霊を乗せたその手が、更に左回りを続けながら弧を描き、ゆっくりとご宝前に戻った。そしてその霊はご宝前の奥へと入って行った・・・ということである。

そもそも初めての唱題プラクティスで、あまり死者や死後の世界のことを、あれこれと言ってしまうと、初心者は戸惑い、場合によっては恐怖に思うことさえある。でもだからと言って、唱題プラクティスの内容を、当事者に全く伝えないわけにもいかない・・・。S先生はそうご判断されたように思う。でも、その日はお正月三が日だったのだ。なので、S先生はあえてお言葉を最小限にして、当事者である私に、そのように説明してくださったのだと思う。

ともあれ、では一体、その霊とは誰のことなのか・・・だ。その霊とは、前回でもお話したS上司の事だったのである。そう、胃がんで亡くなったあのS上司である。このことがわかった時、私は愕然としたし、とても複雑な気持ちにもなった。

S上司は、死後ずっと私の傍にいる事を、本当は私に気づいてほしくて、それでずっと私の傍にいたんだろうか・・・と思ったり、あるいは私のプライベートな事も、全部S上司に見られてしまったんだろうか・・・などと思い、私は本当に気にしてしまったのだ。例えば、私がトレイに行ったら、ドアのすぐ外で、霊になったS上司が立ってたかもしれないし、お風呂に入る時だってそう。脱衣場で立って見てたかもしれない。寝てる時に、目や口を少し開いて寝ているかもしれないボサボサ頭の、そんな私の姿を、(霊になった)S上司が、傍でずっと見ていたかもしれないのだ。そりゃ、ヤだよぉーーーーー! すんんんんんんんんんごい、イヤ!! しかも相手(S上司)は異性だからね。 この事を、なかなかS先生に聞くに聞けず、私は悶々としてしまったのだ。

女優の田中律子さんがあるテレビ番組で言っていたのだが、彼女は、夜熟睡すると、目が少し開いてしまい、そのまま寝てる事があるそうだ。家族に指摘されてご本人はその事を知ったのだという。同番組内でそれを聞いた田中義剛さん(タレントで花畑牧場代表取締役)は、死体みたいだと、笑いながらそう言っていた。「えーーー! そういう人もいるんだぁ~・・・」と私はそう思い、ちょっと驚いたが、寝ている時の事はなかなか自分ではわからない。


何巻のどのページに書いてあったかは覚えていないが、世界三大霊訓の「シルバー・バーチ」は、人は死ぬと、その人の顕在意識はその人の潜在意識に融合されると言っていた。しかし今生において生きていた時のことを、全て忘れてしまうわけではないそうだ。死後は潜在意識が優位になりながらも、地上で生きていた時の思い(顕在意識)も残り、認識しているそうだ。つまり、私たちが普段思ったり、考えたりしている日常的な意識とは違う意識が、死後、優位に立つ・・・ということのようである。

この事を、ふと思い出した私は、時間をかけてゆっくりと、悶々としたその気持ちを持ち返していった。

(完)

 

生演奏を楽しむためのライブ・レストランのご案内

株式会社一休の生演奏が聞けるレストラン特集のご案内になります。BGMではなく、生演奏! 音楽だけでなく、お食事や空間、スポットライトなど全てが心を満たしてくれる夢の時間。あこがれのアーティストがすぐ目の前にいる。ドキドキしますよね! 下の写真は、ブルーノート東京(東京・南青山)。 


下の写真は、同会場のディナーの様子。豪華ですよね! お料理はフレンチを基本に、シェフのオリジナリティーが光る。前菜からメイン料理、デザートへと召し上がっていただき、手軽につまめるメニューも多数ご用意。いずれも厳選された季節の食材を中心に、洗練されたひと皿に仕上げている。ディナーに欠かせないワインの種類も充実している。

ライブ・レストラン一覧はこちらから>>
今夜は特別な演出を
『一休の生演奏が聞けるレストラン特集』

 カテゴリー : 霊的世界 | 投稿日 : 2017年1月16日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。