【社会47】 家電製品の無料回収 ~意外な落とし穴~ ただより高いものはない3

今回のこの無料回収の事に直面する数日前に、気がかりなことが2つ起こった。これらの事が私の頭の中で1つにつながった時、事態は速やかに解決に向かった・・・と、前回そうお話した。その2つとは下記の通りである。

まず1つ目は、先日、修理が終わった我が家のパソコン本体に、付属品のアダプターが一緒についてこなかった。よく見ると、私の手元にあったお客様控えの書類に、「付属品なし」にチェックが入っているではないか! 「そんなはずないよぉ~~~~!」と思った。その時の状況を、私がお店の人に電話で詳しく説明したら、お店の人も何か気づいたようだった。結局、お店側の手違いだった。アダプターはそのお店にはなく、遠方の修理工場の方でもなく、その中間地点である倉庫で見つかったのだ。修理でそのパソコンをそのお店に出した時、お店にはお客さんが殆どおらず、ガラガラ状態だった。しかも、対応してくれた店員のお兄さんはベテランで、仕事にとても慣れている感じだった。それでもこういうミスは起こるんだぁ~・・・と思い、私はちょっと驚いてしまった。

そして、もう1つは、私はとても不思議な夢を見たのだ。私の元職場の事務長が、広い事務室の隅っこに追いやられ、じゅうたんの上で足を投げ出して座っていた。事務長なのに、事務長の机も椅子もない。私は気になり、事務室の隅っこまでゆっくりと歩いて行き、「大丈夫ですか?」と、事務長に聞いてみた。すると、事務長は赤ら顔で、「(俺は)血圧が高いんだ・・・」と言っていた。話をよく聞いてみると、上ではなく、下の血圧が高いと、事務長はそう言っていた。睡眠時の夢はここで終わった。

さぁ~、これらをどう解釈するか・・・だ。私は、直感で「これは(無料回収に出すことは)、なんか、ちょっとまずいぞ!」と思った。勘なので説明しようがなく、理由がない。この時、いやぁ~な予感がした。

 

株式会社Fabric Artsのコトハコーヒーのご案内

コトハコーヒーは、カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒー専門店です。こちらのお店の「カフェインレスコーヒー」の作り方は、ウォータープロセス製法といって、水の力を使ってカフェインを取り除いています。化学物質を一切使わず、カフェイン除去率は97%。お客様の声で、「ノンカフェインとは思えないほど、コーヒーを飲んでいるそのものでした。コーヒー好きにとってはありがたいです。」という手書きのコメントが印象的でした。

通常のドリップタイプは、お湯を注ぐと、コーヒーが抽出されるのと同時に、パックがコーヒーに浸かってしまう。こんな感じ。

しかし、こちらのお店のカップオンタイプの場合、カップの上に乗せてお湯を注ぐので、パックがコーヒーに浸かる心配がない。コトハコーヒーのウェブサイトでも公開されている下の1分15秒の動画でチェック!

この方が、じっくり蒸らしながら抽出されるため、味にムラが出ず、おいしいコーヒーをいれることができるそうです。この差はやっぱり大きいですよね!

コトハコーヒーカフェインレスドリップバッグ全種飲み比べセットのお試しはこちらから>>

 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年8月25日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。