【社会45】 家電製品の無料回収 ~意外な落とし穴~ ただより高いものはない1

先週(2016年8月中旬頃)に、「家電製品の無料回収のお知らせ」が、我が家の郵便受けに1枚入っていた。A4サイズの普通のコピー用紙で、その詳細が表と裏に印刷されていて、下の方には会社名や連絡先もちゃんと書いてあった。「雨天決行、予約不要」と記されてあり、壊れていても大丈夫なのだという。回収日は既に決められていて、赤の水性ペンで、日付けが手書きで記入されていた。我が家は集合住宅なので、1階の集合郵便受けの周辺に、その当日の朝9時までに出しておいてください・・・とのことだった。回収業者は、いわゆる民間の「便利屋さん」みたいなところだった。

パソコンが今ほど普及する前の時代に買ったワープロが、我が家には2台ある。何十年か前に買ったものだが、1台は壊れていて、もう1台はまだ使える状態だった。ただ、液晶画面が小さくて、画面が薄暗く、しかも動きが遅い。パソコンを購入してからは、もうワープロを使うことはなくなったので、これまでに知人や友人に聞き、そのワープロの引き取り手を探したが、誰もおらず、すっかり時代遅れを感じた。でもまだ使えるので、長い間ずっと処分できずにいた。「リサイクルショップに売れば?」と思うかもしれないが、電化製品の場合、製造から5年以内のものが目安になるので、どこのお店も買い取ってはくれない。

そんな矢先に、先週、そのチラシを手にしたのだ。「よし、チャンスが来た! ワープロ2台を処分しよう!」と思った。ところが思わぬ展開になった。

 

コーヒー焙煎の全国大会2012出場!
チャンピオンのお店はこちらから>>
珈琲きゃろっと

「珈琲きゃろっと」のご案内になります。お店に問い合わせたところ、下の写真は、同店の焙煎士である内倉大輔さんご本人だそうです。全国大会で優勝された瞬間のご様子。活力と爽やかさもあって、なんか素敵ですよね! 世界に1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機でコーヒー豆を焙煎しているという。意識の目覚めは美味しい一杯から。実店舗は北海道恵庭市。


 カテゴリー : 社会 | 投稿日 : 2016年8月23日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。