【夢解釈13】 新しい瞑想方法とその効果 ~アナンド・シャンタンさんの夢1~

先日(2015年12月8日 火曜日)、私はアナンド・シャンタンさんの夢を初めて見た。日本語名は、宮井陸郎(みやいりくろう)さんだが、周囲の誰もが「シャンタンさん」と、そう呼ぶ。

私はシャンタンさんから瞑想を習った。通常、瞑想というと、座禅を組んで、九年面壁のごとく、静寂の中で、目を半分開けて、そして黙々と行うイメージがあるが、シャンタンさんの瞑想法は、全くそのようなものではないのだ。遠い昔のことで、それこそもうとっくに忘れてしまったような苦しみ、悲しみ、くやしさ、いかり、やり切れない思いや切ない思いなどを、いつの間にか全て吐き出してしまったかのような、不思議と楽になる瞑想法なのだ。途中で1~2回程度の小休止は入るが、1回の瞑想会でおよそ2時間行われる。その瞑想の間中、シャンタンさんがずっと声を掛け続けてくれるのだ。シャンタンさんご自身も身体を動かしながら、参加者と一緒に瞑想をされるのだが、それがシャンタンさんは、最初から最後まで声の音域や大きさなど、全くぶれがないのだ。ずっと一定なので、とても心地がいい。見事だと思った。

私がその時に見た夢とは、こういうものだった。私は一本道を歩いていた。そこへシャンタンさんが、突然現われて、私にこう聞いた、「たるがどこにあるか分かりますか?」と。「たる」とはお寿司屋さんのお店の名前のことである。私はシャンタンさんに、「こっちですよ!」と言って指を差し、今、私が歩いていく方向と同じなので、シャンタンさんと私は一緒に歩いていくことなった。ところがいくら歩いても、一向にたるがない。なんか変だと気づいたシャンタンさんが、通りすがりの人に聞いたら、これまで歩いてきた道とは全く逆方向だと分かった。シャンタンさんは、急ぎ足で1人で引き返していった。夢はこれでおしまいだ。

 

有機緑茶98%と、有機田七人参2%だけで出来ている緑茶!「さくらの森」の「白井田七。茶」はこちらから>>

「さくらの森」の「白井田七。茶」のご案内になります。普通のオーガニック緑茶ではなく、和漢の王様と言われているオーガニックの「田七人参」が2%含まれているオーガニック緑茶。アレルギー性鼻炎、アトピー、花粉症でお悩みの方、毎日つらいですよね! 100%オーガニック緑茶です。


 カテゴリー : 夢解釈 | 投稿日 : 2015年12月12日

【広 告 (Advertisements)】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはございません。* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。