【飲食物53】 葛根湯と女性特有の頭痛 ~人間のからだは小宇宙~ 頭痛のない生活を手に入れる

私の知り合いのHA医学博士が、葛根湯の効能について、とてもいい感じに話されていた。「HA医学博士が、そうおっしゃるんじゃ・・・」と思い、葛根湯とやらを調べてみた。なんと漢方薬だった!

私は試しに、一般の薬剤店で買ってみた。葛根湯は、風邪の引きはじめに飲むといいそうだ。風邪を引くのを待って、試しに飲んでみた。なかなかよかったので、今では、満量処方葛根湯常備している。

私が買ったのは、粉末タイプなので、空腹時にお湯に溶かして飲んでいる。漢方の先生が教えてくれたのだが、香りは直接脳に届くそうだ。なので、お湯に溶かして香りを嗅ぎながら飲む。飲み方としては、これが理想なのだそうだ。

「葛根湯をください!」と、お店でそう言えば、すぐに手に入ると思っていたが、実際はそうはいかなかった。各製薬会社がそれぞれに出しているし、それに液体、錠剤、粉末と、色々ある。しかも満量処方もあれば、そこそこの量のものもある。

お店でいきなりそんな事を言われても、私はどれがいいのか、最初はちっともわからず、困ってしまった。ましてやその時、風邪の引きはじめだったので、あれこれと考えるのも面倒に思った。それで、とりあえず一番安いので、粉末タイプを選んだ。

驚いたことに、この葛根湯を、女性特有のつら~い時に飲んでいる人がいた。「え、だって、風邪と婦人科系って、違うでしょう?」と、私はそう思った。でも緩和されるらしく、これには私は本当に驚いた!

この事が頭にあったので、今年(2018年)の3月に見舞われた、激しいくしゃみ、鼻水、目のかゆみのあの時に、私は試しに、葛根湯を1服飲んでみた。

なんと、すぐにいい感じになったので、私は喜んだ! でも1時間もしないうちに、症状は元に戻ってしまった。あ~ぁ・・・と思った。

私の場合、あの時はもう、葛根湯ではとてもじゃないけど、太刀打ちできない状況になっていたんだと思う。

でも、たった1時間でも期待できたことを思うと、女性特有のつらい時に葛根湯を飲む・・・というのも、まんざらではないかもしれないなぁ~・・・と、私はそう思った。

意外に思うかもしれないが、体質改善を行えば、そのつらさは段々と治まっていく。私の場合、食事療法も取り入れながら、2年で、定期的に起こっていた女性特有の頭痛が治ってしまった。

調剤の漢方薬を飲みながら、時ほぼ同じくして、市販の頭痛薬を一気に手放した。これがきついのなんのって・・・。完治までの道のりを最短距離にしたかったからだ。当初、漢方の先生は、段々治まっていくと、そうおっしゃった。正に、漢方の先生がおっしゃった通りになった。その時、皮膚炎の治療がメインだったので、まさか婦人科系の痛みまで治まるとは、思ってもいなかった。身体は全てつながっているので、元をしっかり治すと、そこから派生している末端の症状は、徐々に消えていく。今思うと、すごい体験をしたなぁー・・・と思う。

人間のからだは小宇宙だと言われている。小宇宙からのメッセージが来ている以上、もう先延ばしにはできないと思った。

頭痛のない生活って、すごくいいですよ。ご自分に合う方法で、色々試してみるのもいいかも。

(完)

 カテゴリー : 飲食物 | 投稿日 : 2018年8月3日

【広 告 (Advertisements)】