【健康14】 首凝りを3秒で消す方法がすごい! ~整体師の先生のお話~

迫田和也先生の動画を、偶然、ユーチューブで見た時、私の首こりは、もう既に殆ど治っていたので、「あ、こういう方法もあるんだー・・・」と思いながら、ついつい最後まで再生してしまいました。

3秒で首凝りを消すというのですから、タイトル自体も、なんだかすごいなー・・・と思いました。

迫田先生は、そもそも首こり、肩こりぐらいなら、自分で簡単に治せるから、ご自分で治してくださいねと、患者さんには、よくそう言っているそうです。初耳の人にとっては、「えー!」ですよね。

私も、その動画を見ながら、実践してみたのですが、それが、なんかいい感じなのです。なので、再び、首こりに関しての記事を書いてみようと思いました。

迫田先生がおっしゃるには、首こりとか肩こりなどは、確かにその場所が痛く感じるのですけれども、実際のその原因は、別の所にあるのだそうです。

私の知り合いの漢方薬専門の先生も、そのようなことをおっしゃっていました。私は急に、その事を思い出しました。症状はそこに出ていても、原因はもっと別のところにあると。だから、原因を突き止めて、その大元を治療すれば、症状は段々と治まっていくと、そうもおっしゃっていました。身体は全部つながっているのですね。私は改めてそう思いました。

迫田先生がおっしゃるには、首を左右にゆっくりと倒してみて、首が痛かったり、首が突っ張ったりする感じがある場合は、首が動きすぎているのだそうです。それが痛みの原因だというのですから、これには驚きです!

私は、その逆だと思っていました。しかも、首はそんな動くところではないというのですから、これまでかなり思い違いをしていたな・・・と、私はそうも思いました。

本来なら、首の下にある胸椎とか肩甲骨が動く必要があるのです。これらが上手く動いてくれないと、首が引っ張られて、(首が)動きすぎてしまう。その結果、首が痛くなってしまうのです。

肩甲骨がうまく動くようになると胸椎も動くようになるそうです。これが出来るようになると、首こりや肩こりが緩和されるというのですから、必見です。

どうやら、肩甲骨の動かし方が鍵になりそうですね。

私は、迫田先生の動画を見ながら、実際にその方法を実践してみました。それが、なんかいい感じがしました。

なので、【健康12】でお話した瘤を伸ばしていく方法よりも、迫田先生の手技の方が穏やかでいいかも・・・と私は改めてそう思いました。「3秒で首コリを消す体操」は、下の通りです。

迫田先生は、神奈川県藤沢市整体院 和ーKAZUーを開業されています。迫田先生は、国家資格である柔道整復師の免許を保持されており、ヨガインストラクターなど、そういった資格も取得されている先生です。

私が、迫田先生に対して好感を持ったのは、「実力があるな・・・」という感じはもちろんしたのですが、でもそういうことよりも、「不正をしない、真っ直ぐな気持ち」をお持ちのようなので、なんかすごくいい感じがしました。

迫田先生は、学生時代、ずっと柔道をされていて、ご自身が腰痛持ちだったそうです。そういうこともあり、この道を目指されたそうです。素敵な先生だと思いました。

(完)

 カテゴリー : 健康 | 投稿日 : 2019年9月15日

【広 告 (Advertisements)】